モルタル外壁がひび割れ!補修方法や費用など解説

公開日:2023/09/15


モルタル外壁は経年劣化が起きるので、数年ごとにメンテナンスが必要です。とくにひび割れはよく起きます。外から見える箇所であれば、早急に補修したくなるはずです。ここでは、補修方法や費用について詳しく紹介をします。外壁塗装や屋根塗装を美しく、安全に保ちたいかたに必見です。

モルタル外壁で発生するひび割れの種類

モルタル外壁は、コンクリートと砂を混ぜた素材を塗りつけて施工します。職人による手作業なので、おしゃれで個性的な質感が人気です。少し前の時代まで一般的な技術だったので、メンテナンスを必要とする住宅が増えてきています。ここでは、注意すべき症状やひび割れの種類を紹介します。

チョーキング現象

紫外線があたると、塗料の成分が表面に出てきてしまいます。壁表面が粉っぽく、触ると手につき、外壁全体の防水性が低くなる現象です。劣化の初期症状なので、この段階で異常に気づけると、補修費用をおさえることができます。

はがれ

経年劣化で、塗装がはがれることがあります。経年劣化は、塗装材質によって大きく持ちが変わるので、注意が必要です。アクリル塗装は最大7年程度、シリコン塗装は最大12年程度、無機塗装は最大25年程度です。ほかにもあらゆる材質があるので、業者に確認をしてみましょう。また、寒暖差の影響もはがれの原因です。日当たりや地域によっては、はがれやすくなることもあります。表面的な異常に見えますが、雨漏りなどの原因になるので、すぐに補修しましょう。

ヘアークラック

幅0.2〜0.3mm以下の細かく、浅いひび割れをヘアークラックと呼びます。雨が侵入すると内部を腐食させ、雨漏りの原因になるので油断は禁物です。見た目がそこまで酷くなくても、埋めて処置する必要があります。手が届く狭い範囲であっても、DIYで補修せず業者に依頼しましょう。美しい完成度と長期保証で安心です。

構造クラック

幅0.3mm以上、深さ5mm以上の大きなひび割れを構造クラックと呼びます。放置すると、外壁が欠けて落ちる可能性があるので危険な状態です。また、住宅の基礎部分にまで負荷がかかり、倒壊しかねないので補修が早急に必要です。DIYの補修は不可能なので、必ず業者に依頼しましょう。

モルタル外壁を補修する方法

モルタル外壁はあらゆる劣化症状がありますが、ここでは補修する方法を詳しく解説します。また、いずれも安心・安全のため業者に依頼することが前提です。

チョーキングの対処

壁の塗り替えのみが対処方法です。個人で細かい粉を洗浄しても、おさまることはないので汚れと勘違いしないようにしましょう。

ハガレの対処

まず、剝がれている箇所を研磨剤で削り取ります。剥がれている・剥がれていないを見極めることも重要で、境目の判断をきちんと行うことで、再発を防ぎます。次に、高圧洗浄を行い、汚れや削りカスが残らないようにします。そして、下地補修をしたあとに、下塗りをはじめます。モルタルは、乾かして何層かにわけて塗布するので、その第一段階です。次に中塗り・上塗りとつづき、計三回塗ることで最大限に強度が増します。

ひび割れ系対処

ヘアークラックや構造クラックには、おもにシール工法と樹脂注入工法で補修されます。

シール工法は、ヘアークラック程度の浅く小さなひび割れに有効です。幅0.3mm・深さ0.2mm程度を目安にしましょう。工程は、ひび割れ付近をハケで清掃します。その後ポリマーセメントで、すき間を埋めます。シール工法といっても、表面をつなげるだけではないので安心です。

そして、樹脂注入工法は、幅0.3mm以上の大きなひび割れに対応します。ひび付近を清掃したあと、樹脂を注入するために、ひびのなかに管をさしこみます。そして、シール工法に使用するポリマーセメントで、ひび部分を仮止めします。この工程は中から樹脂が、流れ出さないようにするために重要です。ポリマーセメントが硬化したら、いよいよ樹脂注入をします。シリンダーを使ってじっくり注入するので、ひびの隅々までとどく仕組みです。その後完全に樹脂が乾いたら、仮止めに使用したポリマーセメントを除去します。表面を磨き、平らにしたら完成です。どちらの補修もプロの道具や技術が必要なので、安易に自身で手を加えないようにしましょう。

モルタル外壁の補修にかかる費用

難しい技術や大がかりな道具が必要となる外壁補修ですが、依頼するにあたり費用は気になります。ここでは大まかな相場を解説するので、見積もりの参考にしてみましょう。

およそ100万以上が相場

価格はとても高額ですが、補修作業以外にも、足場設置費用や外壁洗浄費用が含まれています。また、補修作業では周囲のものを汚したり、壊したりしないための保護処理がされます。そのような細かいことも作業代になるので、もしも雑なあつかいがあった場合は一言伝えましょう。また、材料費は価格に大きく影響します。コストパフォーマンスのよい材料を選ぶことも重要です。モルタル外壁の耐用年数は、5年~15年と差があるので、納得できる価格と耐久年数のものを見つけましょう。

まとめ

小さな外壁補修であれば、自身で簡単に出来ると思いがちです。しかし、実際は難しい技術や専門的な道具が必要になります。また、素人には壁中の状態まで把握できません。長年安心して住める住宅にするために、ぜひプロに任せましょう。足立区であれば塗装業者が多数存在します。価格と技術と材料に、納得できる業者が見つかるはずです。ぜひ、見積りを出してみましょう。

【足立区】おすすめの外壁塗装業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名楽塗ガイソー 足立店ファミリー工房タムラ塗装あらた
特徴①「適正価格」「高品質」を「完全自社施工」によって実現しているさまざまな試行錯誤を繰り返し作り上げた外装リフォーム専門店ブランド一級建築士が6名在籍し、最適な住まいを提案「お客様の立場に立っての施工」を第一にしっかりと打ち合わせを行う地域密着型で技術力だけではなく対応力も意識している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【足立区】おすすめ外壁塗装業者ランキング!
外壁塗装関連コラム