【足立区】おすすめ外壁塗装業者ランキング!

足立区でおすすめの外壁塗装業者をランキング形式で紹介します!

外壁塗装業者では、適切な診断をした上で塗料の特性を把握した職人が施工しています。専門的な知識や技術が必要となるため、許可をもつ業者の資格を有する職人の腕で施工することが求められますが、それは法律上必須ではないため、優良業者を区別するのは難しいでしょう。

足立区に外壁塗装業者はたくさんあるため、選ぶのに時間がかかってしまいます。そのためすぐにでも業者を決めたい方は、次のポイントを知る必要があるでしょう。

・外壁塗装で使う塗料の種類って?
・想定している費用で希望する塗装はできるの?
・外壁塗装業者の選び方は?

少なくとも上記のような疑問の答えを知らないと、外壁塗装業者選びで延々と迷ったり悪徳業者の被害に遭ってしまう可能性もあります。当サイトではしっかりと解説しているので、ぜひ確認してみてください。

またWEBアンケートの結果をもとに、おすすめの外壁塗装業者をランキング形式でご紹介しています。ほかにも「外壁塗装以外の施工内容」「トラブルの対処法」「外壁塗装業者の選び方」なども解説しています。塗料や費用だけでなく、このような基本的な知識をもっていると、いざというときに非常に役立つでしょう。

あらかじめ当サイトで解説しているアドバイスをチェックしておけば、外壁塗装業者選びもスムーズになるでしょう!

こだわり条件で検索
エリア
施工内容
使用塗料
こだわり

【足立区】おすすめ外壁塗装業者ランキング一覧!

第1位 楽塗
おすすめポイント:「適正価格」「高品質」を「完全自社施工」によって実現している

楽塗は専属の自社職人が最初から最後まで責任を持って施行してくれるので安心です。適正価格で高品質、これは完全自社施工だからこそ実現できているといえます。

下請け業者に仕事を丸投げするのではなく、自社施工の専属職人が仕事をしてくれるので、自分の希望や要望に合った仕上がりにしてくれるでしょう。さらに楽塗は自社施工のため、余計なマージンがかかりません。

仲介料や手数料などもかからず、安い価格でお客様にサービスを提供できています。なお楽塗では、足場も自社で設置しています。

おすすめポイント1:専属の自社職人が責任をもって施工

塗装に必要な許可、資格、保険もしっかり取得し、安心と信頼の技術力があります。特定建設業許可も取得しており、塗装以外の工法のカバー工法、葺き替えなども対応可能です。

また、「足場の組み立て等作業主任者」の資格を持った職人がいるので、適切な足場の組み立てや解体も可能です。仲介料や手数料などもかからず、安い価格でお客様にサービスを提供し、最初から最後まで責任を持って施行します。

おすすめポイント2:ALC施工も可能

ALCとは大手ハウスメーカーなどで使用されている、高温高圧養生処理をして作られた「軽量気泡コンクリート」と呼ばれる建築材料のことです。高い技術力と居住者への配慮が必要になることから、大規模な工事を行える業者は少ないのが現状です。

しかし楽塗では塗装の専門店なので、幅広い施工が可能です。アパートやマンションオーナー向けにリニューアル修繕工事も行っており、これまで数多くの実績も残しています。

大規模工事に関してもしっかりと実績があるので心配いりません。

おすすめポイント3:プロによる無料診断を実施

建物の専門知識を持った国土交通省所管の国家資格者が直接目視調査し、劣化診断を行います。外壁だけでなく、雨風にさらされている屋根も隅々までチェックし、ひび割れなどは幅を確認して漏水につながるものかどうかを確認します。

現在置かれている建物の状態を踏まえ、診断結果を考慮し、必要に応じて複数のプランを提案してくれるのがポイントです。さらに診断結果はDVDと診断報告書で伝えてもらえます。

楽塗の強み

屋根塗装やリフォームも対応! 家の修繕を総合的にお願いしたい方は特におすすめ!

楽塗の基本情報

塗装工事料金 ■RAKUTOの外壁塗装プラン(延床25坪)
32.5万円(税込)~
■RAKUTOの屋根塗装プラン(延床25坪)
14.3万円(税込)~
使用塗料一覧 ・シリコン塗料
・超防水塗料
・高級フッ素遮熱塗料
・グラデーション塗料
など
有資格者 外壁劣化診断士
一級塗装技能士
施工エリア 東京都足立区・葛飾区中心
東京・千葉・埼玉
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 4,500棟以上
定期点検/アフターフォロー 10年保証/アフターフォローあり
問い合わせ 電話・メールフォーム

営業時間 9:00~17:30
【定休日】年中無休(お盆・年末年始除く)
会社情報 株式会社楽塗
〒121-0055 東京都足立区加平1-23-9

楽塗の口コミ評判を集めました

rckt
地域密着で誠実な対応
外壁塗装と屋根の張り替えをお願いしました。施工完了まで丁寧な対応で仕上がりにも満足しています。何社か検討しましたが、楽塗さんに頼んでよかったです。施工後2年経過しましたが今も品質に問題ありません。地元密着での誠実な対応に満足していますので自宅内装などのお仕事もお願いしました。

引用元:https://www.google.com/

田代章
雨漏り修理も
15年前から、北方面から強めの雨が降ると雨漏りがしました。 今まで2件の業者さんに依頼しましたが解消されませんでした。 今回、楽塗さんに依頼しました、散水検査などでも見つからず ダメかと思っていたら佐藤さんが内側の壁を壊すしかないかな~ 同意して、見つけることがで修理できました10万円余分な出費でしたが 15年来の胸のつかえがとれました、感謝しています。

引用元:https://www.google.com/1

楽塗の施工事例

第2位 山下塗装
株式会社山下塗装

山下塗装は足立区・葛飾区・江東区・江戸川区を中心としたエリアで外壁塗装・屋根塗装サービスを提供しています。23年以上の経験があり、こだわりの技術と職人技で長く美しさ・強さを保てるような施工をしてくれるでしょう。

そのため、山下塗装に外壁塗装を依頼すると生涯の塗り替えコストを減らすことが出来ると言われています。また賃貸物件の原状回復、バス・トイレなどの各種リフォームなど、その他さまざまな住宅に関する施工にも対応できるので心強い業者と言えるでしょう。

山下塗装の強み

国家資格を持つ職人の高度な技術が自慢!取り扱い塗料も多く珍しい色でも安心です!

山下塗装の基本情報

塗装工事料金 足場 掛けバラシ 850円~
シーリング 既存撤去、打ち換え 850円~1,400円
アクリル樹脂(下、中、上塗り) – 2,000円~2,300円
ウレタン樹脂(下、中、上塗り) – 2,150円~2,350円
シリコン樹脂(下、中、上塗り) – 2,350円~2,650円
WBコート(シーラー、二色塗、クリアー)– 4,300円~
多彩色アクリルシリコン塗装(シーラー、吹付、クリアー) – 4,500円~6,000円
無機フッ素(下、中、上塗り)または2回塗り – 3,800円~4,600円
ウレタン防水(屋上防水) – 5,200円~
屋根カバー工法(ガルバリューム鋼板) – 8,000円~
使用塗料一覧 ・アクリル系塗料
・ウレタン樹脂
・シリコン樹脂
・WBコート など
有資格者 一級(木工)塗装技能士、一級(建築)塗装技能士、一級(鋼橋)塗装技能士
施工エリア 足立区・荒川区・葛飾区を中心とした、23区全域・埼玉県川口市、草加市、越谷市をはじめとした近隣地域・千葉県
柏市、野田市をはじめとした近隣地域
リフォーム瑕疵保険加入 記載なし
施工数 記載なし
定期点検/アフターフォロー 最長最長10年/アフターフォローあり
問い合わせ 電話・問い合わせフォーム
【営業時間】9:30~17:00
会社情報 株式会社山下塗装
〒121-0813東京都足立区竹の塚2-12-18 第2Fマンション101
 

山下塗装の口コミ評判を集めました

40代 男性
高い技術力とスキルのある技術集団
山下塗装様、塗装工事ありがとうございました。素晴らしい仕上がりで、大変満足しております。 具体的には、こちらからのリクエストでありますコーキング工事です。大手企業のハウスメーカーが使用する物と同じ素材を使用して下さいとお願い致しました。特殊なコーキング素材の為熟練度の高いスキルが必要な素材らしいのですが、仕上がりも良く大変満足しております。 そして、また外壁塗装と遮熱塗装も合わせてお願い致しました。 外壁塗装もフッ素系の高耐久素材を使って頂きました。屋根には、遮熱素材を使用して頂きました。 何方も、こちらからの提案でした。がしかしその提案も快く引き受けて頂きました。高い技術力と高いスキルを持った素晴らしい技術集団です。 今後共、我家の経年変化を見守って下さい。そして、今後の経過措置も是非ご提案下さい。宜しくお願いいたします。

引用元:https://www.google.com/maps

30代 男性
期待以上の丁寧な作業
足場も塗装も期待以上の丁寧な作業でした。特に塗装は親方とペア(日本人)できれいに塗り重ねていました。社長も何度か現場チェックに来られます。近所からは塗りの質はもちろん、職人の対応も好評でした。次のメンテも依頼したいです。

引用元:https://www.google.com/maps

山下塗装の施工事例

タムラ塗装の画像1
おすすめポイント:「お客様の立場に立っての施工」を第一にしっかりと打ち合わせを行う

“お客様の立場に立っての施工”にこだわる「タムラ塗装」では、時間をしっかりかけて打ち合わせをし、現場に細かく伝えてワンストップで外壁塗装をしています。

現地調査の際は、依頼人の立会いのもとで外壁劣化診断士がチェックすることになっており、さらにサーモグラフィーカメラも用いて雨漏り調査も行ってくれるでしょう。また予算に応じた最高のサービスを提供することにもこだわってくれます。

タムラ塗装の強み

最大10年塗膜保証あり! 長期保証の外壁塗装を求める方におすすめ!

タムラ塗装 の基本情報

塗装工事料金 未掲載
使用塗料一覧 ラジカル制御系塗料
など
詳しくは公式サイトから直接お問い合わせ下さい
有資格者 外壁劣化診断士
など
施工エリア 未掲載
リフォーム瑕疵保険加入 日本住宅保証検査機構 JIOリフォームかし保険
施工数 施工実績3,750件以上
定期点検/アフターフォロー 最大10年塗膜保証
問い合わせ 電話・メールフォーム

受付時間:8:00〜19:00(日曜・祝日を除く)
会社情報 株式会社タムラ塗装
東京都足立区鹿浜3-8-21
 

タムラ塗装の口コミ評判を集めました

木村充
礼儀正しい対応
外壁と屋根の塗装で6社から見積書を頂きました。その中でタムラ塗装さんの誠実な人柄、明確な説明からお願いすることにしました。 職人さんたちは礼儀正しく、熟練しており細かな部分の塗装にも快く応じてくれ丁寧な仕事ぶりに安心してお任せすることが出来ました。 外壁の色も希望している色合いに出来大変満足しております。 工期も雨の日もありましたが予備日を使い予定通り完了しました。 足場を組む際に瓦屋根が一部割れてしまいましたが、損傷個所も交歓いただき感謝しております。 工事前の提案から工事完了報告書まできめ細かいサポートをありがとうございました。 また、何かあればお願いしたいと思います。

引用元:https://www.google.com/

阿部尚子
工事期間お任せで格安に
とても誠実に対応していただきました。工事時期をお任せすることで格安料金にしていただけました。きめ細かい対応も印象に残ります。ありがとうございました。

引用元:https://www.google.com/

タムラ塗装の施工事例

第4位 深井塗装
株式会社深井塗装の画像
おすすめポイント:国家資格保有スタッフが行う安心・丁寧な施工

深井塗装は、足立区を中心に23区と埼玉県南部まで対応しています。外壁・屋根塗装だけでなく、防水工事・シーリング工事・リフォームなど幅広く対応しています。深井塗装は自身の強みを技術◎価格◎対応◎と言っています。

それも自社の職人が施工することにより中間マージンがかからず、また代表自身が職人歴20年以上のベテランということもありますがスタッフの平均経験年数は15年と経験豊富なスタッフが施工にあたってくれます。高品質な施工は当たり前としていますが、施工後も安心して暮らせるようにアフターフォローにも力を入れています。

深井塗装の強み

お客様第一の対応

深井塗装の基本情報

塗装工事料金 ・ラジカルプラン 27万円(税込)~
・遮熱シリコンプラン 30万円(税込)~
・遮熱フッ素プラン 33万円(税込)~
・超低汚染無機系プラン 47万円(税込)~
使用塗料一覧 遮熱塗料など
有資格者 一級塗装技能士、有機溶剤職長・安全衛生責任者など
施工エリア 東京23区近郊
リフォーム瑕疵保険加入 あり
施工数 3000棟以上
定期点検/アフターフォロー 最長10年の自社保証/アフターフォローあり
問い合わせ 電話・LINE・メールフォーム
営業時間 8:00~19:00
【定休日】年末年始
会社情報 株式会社深井塗装
〒123-0853 東京都足立区本木2-29-1
 

深井塗装の口コミ評判を集めました

黒川鎮寛
アフターケアもバッチリ!
塗装して頂いてから2年が経ち、約束通り2年後点検に深井社長が来てくれました。 屋根、壁、庇の上までカメラで撮影して、とても丁寧に経過後の説明をしていただき不具合なく安心しました。経過後の点検に笑顔で来ていただいた姿にプロ意識を感じました。 当時、依頼の決め手は下見の段階での早い対応力、接客の良さ、説明の分かりやすさでした。値段の方は5社の中で真ん中だったと思います。 工事期間中のトラブルもなく、職人さんの対応も丁寧で非常に良かったです。 見積もり説明の段階での「深井塗装に任せてください」の言葉を信じて正解の工事になりました。 深井塗装さんに依頼して良かったです。また次回もお願いしたいです。 益々のご発展を心よりお祈りします。

引用元:https://www.google.com/

川原洋一
担当者に恵まれました
屋根と壁の塗装でお世話になりました。とても丁寧な対応でした。 フットワークが軽く、すぐに現地を見に来ていただきました。見積もりも丁寧で、きれいなパンフレットをたくさん同封していただいたので、色の選定の際には大変参考になりました。 また、塗装を担当された方の人柄が最高でした。工事中、何日も通われることになるので、お付き合いしやすい人柄はとても大切なファクターだと改めて感じました。 是非お薦めしたい「深井塗装」です。 屋根、壁ともに仕上がりは満足しています。

引用元:https://www.google.com/

深井塗装の施工事例

第5位 あらたに
株式会社あらたにの画像
おすすめポイント:地域密着型で技術力だけではなく対応力も意識している

「あらたに」では、見積書以上の請求を一切していません。どんな些細なことも利用者に伝えることを徹底し、また安心の2~4度塗りにすることで、簡単には剥がれない塗装も実現してくれるでしょう。そして安心の低価格を自負しており、他社より1円でも高ければ相談に応じています。

工事を行う際もご近所へのあいさつやシートの用意など、配慮も徹底してくれるでしょう。

あらたにの強み

他社より1円でも高ければ相談可能! なるべく安く済ませたい方におすすめ!

あらたにの基本情報

塗装工事料金 ■外壁塗装 シリコンプラン
30坪 48万円〜(税込)
■屋根塗装 シリコンプラン
30坪 19万8,000円〜(税込)
使用塗料一覧 シリコン
低汚染・遮熱シリコン
低汚染・遮熱フッ素
多彩模様
など
有資格者 一級塗装技能士
塗装診断士
施工エリア 未掲載※下記は施工事例のある地域
東京都 足立区/東京都 荒川区/東京都 江戸川区/東京都 葛飾区/埼玉県 川口市/埼玉県 草加市/埼玉県 三郷市/千葉県 市川市/千葉県 浦安市/千葉県 松戸市/栃木県 宇都宮市
リフォーム瑕疵保険加入 第三者保証あり
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 10年保証
問い合わせ 電話・メールフォーム

受付 9:00~18:00
会社情報 株式会社あらたに
〒120-0034 東京都足立区千住2-34
 

あらたにの口コミ評判を集めました

稲葉俊輔
施工中、写真で報告してくれる
とても誠実な塗装屋さんです。 あらたさんは施工中 日々の工程を写真で報告頂けますので、両者納得の上進める事ができます。 私も施工中気になるところは、随時質問を行い、納得の上進める事ができました。 仕上がりについても、とても綺麗で満足です! 次何かの塗装をお願いする場合もあらたさんにお願いする予定です!

引用元:https://www.google.com/

橋本勝治
仕上がりに大満足
19年以上なにも塗装をしておらず恐る恐るあらたさんに外壁塗装の相談をしました。きっかけは外壁塗装あらたのyoutubeを見てからです。塗装をやる箇所、やらない箇所の丁寧な説明や様々な塗料の説明もあり費用も納得する金額でした。仕上がりもとても良く大満足です。15年後も屋根&外壁塗装よろしくお願いします。

引用元:https://www.google.com/

あらたにの施工事例

【その他】足立区の外壁塗装業者一覧

株式会社アークス
基本情報
塗装工事料金 外壁塗装:54.78万円(税込)~
使用塗料一覧 シリコンフレックスII、シリコン、Revo1000、リファイン1000Si-IR、リファイン1000MF-IR、MUGAなど
有資格者 一級塗装技能士、外装劣化診断士、有機溶剤作業主任者など
施行エリア 草加市、三郷市、八潮市、吉川市
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 5,000件以上
定期点検/アフターフォロー 10年保証
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:【本店】〒340-0021 埼玉県草加市手代1-1-22
電話番号:0120-180-603
営業時間:9:00~19:00(火曜定休)
株式会社セイルズ
基本情報
塗装工事料金 外壁塗装
戸建住宅:15,000円/坪~
集合住宅:4,300円~
使用塗料一覧 ウレタン、水性シリコン、遮熱塗料ハイブリッドシリコン、フッ素、断熱塗料など
有資格者 建築施工管理技士2級、職長・安全衛生責任者、足場組立て等作業主任者、有機溶剤作業主任者、高所作業車運転技能講習、ゴンドラ取扱特別教育など
施行エリア 東京23区、埼玉、千葉
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 3,770件以上
定期点検/アフターフォロー 保証期間中は定期点検あり/10年保証
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒123-0864 東京都足立区鹿浜6-2-7
電話番号:03-3854-5387
営業時間:8:00~19:00
有限会社塗茂
基本情報
塗装工事料金 不明
使用塗料一覧 問い合わせてください
有資格者 一級塗装技能士、一級防水施工技能士(アスファルト)、一級防水施工技能士(ウレタン)、有機溶剤作業主任者など
施行エリア 足立区
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー あり
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒121-0824 東京都足立区西伊興4-4-6
電話番号:03-6807-1455
有限会社アート工務店
基本情報
塗装工事料金 外壁塗装:25坪辺り47.8万円~
使用塗料一覧 パーフェクトトップ(ラジカル制御型塗料)
有資格者 一級塗装技能士、一級建築施工管理技士など
施行エリア 東京都23区、川口市、三郷市、八潮市、松戸市、市川市
リフォーム瑕疵保険加入 瑕疵保険加盟
施工数 1,200棟以上
定期点検/アフターフォロー 15年保証/無料点検あり
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒123-0864 東京都足立区鹿浜 6-2-6
電話番号:0120-182-834
営業時間:9:00~20:00
株式会社丸巧
基本情報
塗装工事料金 外壁塗装:約25坪辺り約530000円~
使用塗料一覧 ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料、遮熱塗料
有資格者 不明
施行エリア 東京都23区、埼玉県、神奈川県、千葉県
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 8,500件以上
定期点検/アフターフォロー 10年保証/定期点検あり
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒121-0824 東京都足立区西伊興1-2-2
電話番号:0120-779-103
営業時間:9:00~19:00
ティップトップ
基本情報
塗装工事料金 外壁塗装(戸建て住宅):1,800円/㎡ ~
使用塗料一覧 ウレタン、シリコン、ラジカル、フッ素、遮熱塗料など
有資格者 一級建築塗装技能士、有機溶剤作業主任者、一級建築施工管理技士など
施行エリア 会社から半径30Kmが目安。
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
リフォーム瑕疵保険加入 加入あり
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 保証あり/1年間の無料定期点検
問い合わせ 電話・メールフォーム・LINE
会社情報 住所:〒121-0831 東京都足立区舎人2-17-12
電話番号:03-6807-1737
株式会社ラクスト
基本情報
塗装工事料金 外壁塗装:29.8万円~(足場代別)
使用塗料一覧 コスモシリコン、アレスダイナミックTOP
有資格者 1級建築士、1級塗装技能士など
施行エリア 東京 江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、荒川区、台東区、足立区
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 年間200棟以上
定期点検/アフターフォロー 10年保証/定期点検あり
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:【新小岩ショールーム】〒132-0021 東京都江戸川区中央3-17-5
電話番号:0120-978-917
株式会社プロタイムズ総合研究所
基本情報
塗装工事料金 直接見積もりのみ
使用塗料一覧 情報なし
有資格者 外装劣化診断士 61名
雨漏り診断士 48名
一級塗装技能士 16名
施行エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉(一部地域除く)
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 累計2万件以上
定期点検/アフターフォロー 無料点検、製品保証、工事保証あり
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒183-0006 東京都府中市緑町3-10-1 TSKビル
電話番号:0120-971-475
外壁塗装パートナーズ
基本情報
塗装工事料金 業者によって異なる
使用塗料一覧 業者によって異なる
有資格者 業者によって異なる
施行エリア 業者によって異なる
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 業者によって異なる
問い合わせ 電話・WEBフォーム
会社情報 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-20 新宿オミビル4F
電話番号:03-5155-3407
株式会社彩誓
基本情報
塗装工事料金 情報なし
使用塗料一覧 ウレタン塗料/シリコン塗料/ラジカル塗料/
有資格者 情報なし
施行エリア 足立区・草加市を中心に東京・埼玉・千葉・神奈川全域
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー アフターフォロー
問い合わせ 電話番号・WEBフォーム
会社情報 住所:【本社】〒121-0063 東京都足立区東保木間1-26-34
電話番号:0120-111-941
株式会社Tip Top
基本情報
塗装工事料金 ・ウレタン:1,800円/㎡
・シリコン:1,900円/㎡
・ラジカル:2,000円/㎡
・フッ素:3,000円/㎡
・遮熱塗料:2,300円/㎡
使用塗料一覧 ウレタン塗料/シリコン塗料/ラジカル塗料/フッ素塗料/遮熱塗料
有資格者 一級建築塗装技能士
職業訓練指導員免許
施行エリア 本社よりより半径30Kmくらいが目安(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県一部地域)
リフォーム瑕疵保険加入 あり
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー メーカー保証・工事保証・無料1年点検・請負業者賠償責任保険
問い合わせ 電話番号・WEBフォーム・LINE
会社情報 住所:〒121-0831 東京都足立区舎人2-17-12
電話番号:03-6807-1737
瑞祥塗装
基本情報
塗装工事料金 屋根塗装20平米:350,000円より
使用塗料一覧 情報なし
有資格者 情報なし
施行エリア 情報なし
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 情報なし
問い合わせ 電話・WEBフォーム
会社情報 住所:〒121-0824 東京都足立区西伊興1-17-22
電話番号:03-5647-8483
ペインテリア
基本情報
塗装工事料金 情報なし
使用塗料一覧 コンクリート打ちっぱなし塗装・サイディング塗装
有資格者 1級塗装技能士・2級建築士
施行エリア 千葉県の松戸店と東京の足立店を中心に半径20キロ
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 点検・最長10年保証・メーカー保証・社外保健機関あり
問い合わせ メール・電話
会社情報 住所:【足立店】足立区大谷田5−19−6
電話番号:0120-4116-03
株式会社ユタカホーム
基本情報
塗装工事料金 ・ウレタン塗装:150㎡、保証期間5年約60万
・シリコン塗装:150㎡、保証期間7年約70万
・フッ素塗装:150㎡、保証期間10年約90万
使用塗料一覧 アステティックコート/ウレタン塗装/シリコン塗装/フッ素塗装
有資格者 情報なし
施行エリア 情報なし
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 保証あり
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒114-0023 東京都北区滝野川7-35-10アルス立野岡 東棟1F
電話番号:03-5972-1830
株式会社テット・ワン
基本情報
塗装工事料金 ・アクリル:1,000〜1,800円/㎡
・ウレタン:1,500〜2,500円/㎡
・シリコン:1,800〜3,500円/㎡
・ラジカル:2,500〜3,500円/㎡
・フッ素:3,000〜5,000円/㎡
使用塗料一覧 フッ素REVO1000(-IR)/アステックペイント・シリコンREVO1000-IR/アステックペイント・無機ハイブリッドウォール/アステックペイント・スーパーシャネツサーモSi/アステックペイント など
有資格者 情報なし
施行エリア 東京都/足立区/葛飾区/荒川区/北区
埼玉県/さいたま市・越谷市・草加市・川口市・八潮市・三郷市
千葉県/松戸市・流山市・柏市 その他応相談
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 施工保証10年
問い合わせ 電話・LINE・メールフォーム
会社情報 住所:〒121-0813 東京都足立区竹の塚7-10-14 今野ビル1F
電話番号:03-5647-9661
野口塗装工業
基本情報
塗装工事料金 情報なし
使用塗料一覧 ルミステージ・エパーコートZero1H・KFワールドセラ など
有資格者 建築仕上診断技術者・1級塗装技能士・2級塗装技能士1級施工管理技士・2級施工管理技士
施行エリア 東京23区、埼玉県南部、千葉県北西部
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 情報なし
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒120-0005 東京都足立区綾瀬1-18-16
電話番号:03-3603-4956
株式会社船木塗装
基本情報
塗装工事料金 木造2階建て15坪:約50万円から70万円(詳しくは問い合わせ)
使用塗料一覧 情報なし
有資格者 1級建築施工管理技士・2級建築施工管理技士・1級建築塗装技能士 など
施行エリア 船木塗装(足立区)から約50km(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・群馬県の一部地域)
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー アフターケアあり
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 住所:〒123-0873 東京都足立区扇2-9-18
電話番号:03-3890-7935
ファミリー工房
基本情報
塗装工事料金 未掲載
使用塗料一覧 情報なし
有資格者 福祉住環境コーディネーター
マンションリノベーションアドバイザー
1級建築士
2級建築施工管理技士
外壁劣化診断士
など
施行エリア 東京都23区、埼玉県 (草加市・川口市・三郷市・八潮市)、神奈川県(川崎市、横浜市の一部)
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 情報なし
定期点検/アフターフォロー 情報なし
問い合わせ 電話・メールフォーム

営業時間 10:00~18:00
定休日  毎週日曜日・月曜日
夏期、年末年始、ゴールデンウィーク

会社情報 株式会社ファミリー工房
〒120-0001 東京都足立区大谷田4-1-20
ガイソー 足立店
基本情報
塗装工事料金 ■外壁塗装リフォーム 高耐久塗料特別パック ガイソー ウォールシリコンプラン 25坪49.8万円(税込)
使用塗料一覧 ・シリコン塗料各種
・フッ素塗料各種
・無機ACE
・無機Z
・アヴァンセSiクール/Fクール
など
有資格者 不明
施行エリア 【東京都】足立区 北区【埼玉県】川口市 草加市
リフォーム瑕疵保険加入 情報なし
施工数 40,000件以上
定期点検/アフターフォロー 10年保証/定期点検10年保証/定期点検
問い合わせ 電話・メールフォーム

営業時間 9:00~18:00
定休日 火曜・水曜

会社情報 株式会社オリバー【ガイソー 足立店】
〒123-0864 東京都足立区鹿浜8-5-10

【アンケート調査】外壁塗装を依頼するならどんな業者が安心できる?

足立区には多くの外壁塗装業者があります。その中でも、当サイトでおすすめの外壁塗装業者をご紹介してきました。

外壁塗装を検討中の方は、ご紹介した業者を検討してみてくださいね。しかし、おすすめの外壁塗装業者も多いので、ここから決めるのも悩んでしまうでしょう。

そこで当サイトでは、どんな外壁塗装業者なら安心して依頼できるかをアンケートにてお聞きしました。その結果がこちらです。

安心できる業者のポイントで最も多い票数を集めたのは「実績がある」という点でした。実績が豊富な業者であれば、施工に慣れていると考えられます。

きっとキレイに仕上げてくれると安心できるでしょう。そして次に多かったのは「保険や保証がしっかりしている」でした。

施工時に万が一のことがあった場合、保険や保証があれば無料で対応してもらえます。そのため安心できるポイントとしては重要なことでしょう。

そして「許可や資格を有している」、「塗装以外のメンテナンスも対応している」、「専門店である」というポイントがほぼ同率でした。どれも安心できる業者のポイントとして必要なものでしょう。

外壁塗装業者選びで悩んだら、こちらのアンケート結果を参考にしてみてはいかがでしょうか。ここからは外壁塗装の相場や悪徳業者の見極め方など、外壁塗装について知っておきたいことを紹介していきます。

外壁塗装業者を選ぶにあたって大事なことばかりなので、ぜひこのまま最後までお付き合いください。

外壁塗装に使う塗料はどんなものがある?


外壁塗装に使う塗料はどんなものがある?
ひとことに塗料といっても、外壁塗装で使用する塗料には数々の種類があり、それぞれ特徴がまったく異なります。住宅にどんな機能性をもたせたいのか、またどれだけ長持ちする塗料を使いたいのかといった目的によって、使用する塗料も変わってくるでしょう。

ここでは外壁塗装に使われている塗料がどんなものなのか、それぞれ違いを説明させていただきます。

シリコン

結露対策が可能で耐用年数が7~10年とほどほどの長さで、コスパのいい塗料となっています。カラーバリエーションも楽しめるでしょう。ただし次の塗り替え時期までの耐久性においては、若干不十分な部分もあります。

ラジカル

リーズナブルかつ高性能な塗料で、塗り替え費用は安くありませんが、耐用年数は8~16年となるためコスパに優れた素材といえるでしょう。また最新技術が取り入れられているため、新しい塗料を使用したい方におすすめです。

ウレタン

こちらも広く使用されている塗料で、価格と機能のバランスがとれている素材でしょう。ただし耐用年数は5~10年と短くなっています。

フッ素

耐久性を優先させたい方には、このフッ素塗料が最適でしょう。耐用年数はおよそ15年以上となり、長期的に変退色やツヤ引けが起こることがありません。しかしコストは高く、また塗膜が硬いため、ひび割れが懸念されるでしょう。

無機

自然界の鉱物物質で作られている無機塗料は、結合エネルギーが紫外線より優れているため、耐用年数はおよそ10~25年となっており、長期的に状態を維持することができます。ただし塗膜が非常に硬く、ひび割れしやすい製品も多いでしょう。モルタル壁との相性が悪いため、該当する場合は使用できません。

セラミック

断熱・遮熱性のあるセラミック塗料は、光熱費を削減したい方におすすめです。耐用年数は10~25年と非常に長く、長期的に省エネ効果を維持してくれるでしょう。

ただし費用は高く、施工も難しいため優れた技術をもつ職人でないと扱えません。またセラミックというのは砂でできており、表面は凸凹です。そのためセラミック自体の形状によっては、排気ガスなどの汚れが付着してしまうでしょう。

塗料だけで、多くの種類があることがおわかりいただけたかと思います。そして種類が豊富なだけでなく、あらゆる特徴に大きな違いが見られました。

以上を考慮し、この先この家にどれだけ住むことになるのか、また何年置きに塗装リフォームをしなければならないのかも踏まえて、自分たちの家に最適な塗料を選ぶようにしましょう。


・塗料によって機能・値段・耐用年数が異なる
・予算や今後の暮らしも考慮して選ぼう!
塗料 メンテナンス周期 特徴
シリコン 7~15年 ・コストパフォーマンスがいい
・カラーバリエーションが豊富
ラジカル 8~16年 ・シリコンよりも耐用年数が長い
・科学技術により低汚染機能を備えている
ウレタン 5~10年 ・塗る場所を選ばない万能塗料
・コストパフォーマンスがいい
フッ素 12~20年 ・酸性雨や紫外線など汚れに強い
・費用が少し高め
無機 10~25年 ・汚れなどに強く耐用年数が長い
・不燃性が高い
セラミック 10~25年 ・断熱性や遮熱性が高い
・細かな種類がある

足立区の外壁塗装業者に依頼した時の費用相場は?

足立区の外壁塗装業者に依頼した時の費用相場は?

政府の統計データで計算したところ、足立区の外壁塗装の費用相場は概算で、およそ66万~98万円という金額になりました。また屋根塗装も含めて依頼すると、およそ82万~130万円ほどの費用を支払うこととなるようです。

ちなみに外壁塗装の費用相場は、東京都がもっとも高いと考える方も多いのではないでしょうか。しかし意外にも、東京都は沖縄県に続いて下から2番目という驚異的な安さとなっています。これは東京都の地価が高いことや、総住宅数の多さなどによって家の規模が小さくなっていることが要因だと考えられます。

このような事情があれば塗装する範囲も狭くなるため、東京都の外壁塗装の費用相場は必然的に低くなっているのです。ちなみに沖縄県は、平屋が多いことが最低相場となった理由と考えられるでしょう。

つまり外壁の塗装費用は基本的に、建物の高さ・塗装面積・材料費といった個々の住宅の条件で計算する、ということになります。ほかにも足場代や人件費などが内訳に含まれるでしょう。

そのため「東京都だから利用料金が高い」というよりかは、あくまで住宅の規模や使用する塗料の金額で計算するのが正しいといえます。そのような事情を踏まえると、たとえば一戸建て30坪だと、費用相場は80万~120万円となるでしょう。

また一般的な規模のアパートだと、階数ごとの費用目安は次の価格となります。

2階建て:120万~300万円
3階建て:150万~400万円

外壁塗装といっても、一戸建てとアパートでは内容が異なるでしょう。そのためアパートの外壁塗装を依頼するようなら、アパートの施工実績が多い業者であれば最適な提案ができます。このような業者は、入居者や近隣住民へ臨機応変に対応してくれるでしょう。


・東京都は全国的に見て費用相場が安い
・塗装する規模が狭いと安くなる

足立区の気候について



気候や気温はそれぞれの地域によって異なりますが、外壁塗装や屋根塗装においては、その日の気温や温度が重要な条件となってきます。場合によっては、外壁塗装や屋根塗装を行うことができない日もあるためです。

外壁塗装や屋根塗装を行うのは難しいといわれている条件としては、気温が5度以下もしくは35度以上であるときや湿度が85%以上の日、強風のときなどです。これはどこの地域にもいえることですが、悪天候の日の外壁塗装や屋根塗装は避けた方がよいでしょう。

足立区の気候としては、全国的に見て1年をとおして温暖な気候だといえます。夏は暑く、冬は寒いですが、暑すぎることや雪が多すぎる地域でもないため、足立区は塗装に向いていない時期はないと思っておいてよいでしょう。

しかし、梅雨の時期や猛暑日、雪が降る日などは上記の条件に合ってしまうため、避けた方が無難です。そのため、上記の塗装が厳しいといわれている条件に近い時期以外であれば、足立区は外壁塗装や屋根塗装を行いやすい地域であるといえます。

外壁塗装の時期とタイミング

マイホームは建てたら終わり、ではありません。その先のメンテナンスのことも考える必要があります。

色々な場所が時間の経過とともに劣化してくるものですが、外壁塗装は家の外観にも関わるので特に綺麗にしておきたい部分です。今回は、外壁塗装のメンテナンス時期とタイミングについてご紹介します。

目安は10年

家の外壁や屋根の塗装を塗り替える目安は10年ほどだといわれています。ちなみに、日本の住宅は約30年が平均寿命であり、それ以降は建て直しがすすめられます。建築時のほかに、2回ほど外壁塗装が必要と考えておくと良さそうです。

なぜ外壁塗装が必要なのか

外壁塗装は、ただ「家の外側に色を塗る」だけのものではありません。建物の劣化や雨漏りを防ぐために非常に重要なことで、もし外壁塗装をやらないで剝がれたままにしておくと家全体に影響が出てきます。

10年を目安にするといい理由

なぜ10年が目安になるのかというと、日本の住宅に使われる素材にあります。窯業系サイディングボードと呼ばれる素材は、現在の日本の住宅の約80%に使われているといわれています。

この窯業系サイディングボードの主成分はセメントです。セメントには防水性はまったくありませんが、工場出荷時に防水性を持たせるための塗装を行っています。

この防水性能が5~7年程度で効果がなくなってしまうため、外壁の防水機能も同じくらいのタイミングで失われてしまうためです。そのため、約10年で塗装し直しがすすめられています。

外壁を保護するため

先ほどの解説の通り、塗料を塗り直して外壁の表面に塗膜を作り、劣化した外壁を雨風や紫外線などから保護します。

断熱・遮熱の機能を維持するため

塗料の種類によっては断熱・遮熱効果があるものがあります。その効果をもった塗料で外壁塗装を行うと、室内の温度変化を軽減できるので冷暖房の効率が良くなり、省エネや電気代の節約につながります。

見た目の美しさを保つため

外壁は常に外気にさらされているため、年月が経つと塗装の劣化のほかにも色あせで見た目も古くなってきます。

外壁を塗り直すことで、新築のように綺麗な外装によみがえらせることが可能です。塗装し直す機会に新築の時とは違った色や、デザインにしてみるのもいいアイデアです。外装が少し変わるだけでも、違った表情の家になることでしょう。

材質によって異なる

現在日本で1番よく使われているのが窯業系サイディングですが、別の素材では耐久年数も異なります。窯業系以外には、金属系、木質系、樹脂系、モルタル、ACLボードなどがあります。

同じ素材でもグレードが違うなど、同じとは限りません。実際に使われている製品の耐久年数を確認しましょう。家が建っている環境によって、同じ製品でも劣化の進み方は異なってきます。

2回目以降の塗装のタイミングはいつがいい?

既に1度外壁塗装をしている場合、2回目以降はいつが良いのでしょうか。前回どの塗料を使ったかによって変わってきます。一度分かればメンテナンスの周期がわかりやすいです。

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、ピュアアクリル、無機などがありますが、一番短いのはアクリルで耐久年数3年程度です。

長いものだとフッ素、ピュアアクリル、無機で15年程度です。素材によって5倍もの差があります。これはあくまでも塗料の耐用年数であり、外部の環境変化などでこの期間よりも早めに外壁塗装が必要になることがあります。

外壁塗装が劣化しているサイン

耐用年数はあくまでも目安であり、実際は外壁塗装が劣化してきたタイミングで行うのがベストです。「外壁がこんな状態になってきたら注意」という劣化のサインをご紹介します。

膨張、剥離

ひび割れた部分から塗装の内部に雨水が入って、湿気がたまると膨張や剥離が起こります。

ひび割れ

0.3mm以上のひび割れが見られた場合です。特に横向きのひび割れは雨水が内部に入りやすいので早めに対処しましょう。

チョーキング

外壁を手で触った時に白い粉上のものが着く状態を「チョーキング」といいます。これは、塗料が太陽の光にあたって分解された白色顔料が表面に出てきたものです。触って手のひら全体が白くなるくらいの量が出てくる場合は、塗装を考える時期です。

施工を行うのにおすすめの時期

外壁塗装は一年中依頼できますが、施工に適した時期があります。気候が大きく関わってくるため地域によって少し差がありますので、お住まいの地域の適した季節に依頼するのがおすすめです。

向いているのは春と秋

日本全国を通して向いているのは4、5月の春か9、10月の秋です。塗料をしっかり乾燥させやすい時期として、比較的天候が安定していて空気が乾燥している季節がベストといえます。日本でいうなら春と秋なので、外壁塗装には向いているというわけです。

ただし、同じように考える人が多い季節でもあるため塗装は混みあいます。最低でも2か月前、できれば3ヶ月前から予約することをおすすめします。また、料金もハイシーズンの値段になる場合がありますので事前に確認しましょう。

全部の季節で施工は可能

向いている季節があるとはいえ、全部の季節で施工可能です。どうしても向いている時期を待てない理由がある場合は施工業者に相談してみましょう。梅雨の時期や冬は避けられる時期で空いているので、割引料金があることもあります。

もし一般的に避けられる季節に外壁塗装を考えるなら、施工不良を避けるためにもしっかり施工管理ができる業者を選びましょう。

外壁塗装が出来ないのはどんな時?

塗料には、気候により施工できない条件があります。気温が5度以下の時、湿度が85%以上の時、つまり雨の日は塗装できないとメーカーが発表しています。雪が積もるような地域や、寒さが厳しい地域以外は一年中施工可能と考えていいようです。

外壁塗装の工程は?

外壁塗装を決定したら、実際どんな工程でどのくらいの期間をかけて施工されるのでしょうか。季節や天候、家の大きさなどにもよりますが、30坪程度の2階建ての家で大体7~10日ほどかかります。

これ以上短いと手抜きの工程の可能性がありますので、見積もり時にチェックして下さい。壁の種類や現状を把握し、最適な塗料や方法を選びます。それから、予算や外壁の状況に合わせた最適のプランを組んで施工が開始されます。

外壁を高圧洗浄した後に下処理で塗料がよく着くようにしてから、実際に塗料を塗っていきます。もし外壁にひびなどがあれば塗料を塗る前に補修作業を行います。この工程に足場を組んだり解体したり、養生なども含めて10日間程度で終了します。

自力でもできないわけではない

実は、外壁塗装は材料と道具さえそろえば自力で行えます。しかし、高い所に登って作業する必要があり、道具を一から揃えるとトータルで50万程度もかかる計算になってしまいます。

品質もプロの作業よりも劣るのは間違いないため、多少高くても施工業者に依頼するのをおすすめします。

外壁塗装に適した時期とタイミングをご紹介しました。基本的に建築から10年前後が目安です。空気が乾燥している春と秋が施工に適した季節ですが、施工管理がきちんとできる業者を選べばオフシーズンに割安で行える場合もあります。

10年経っていなくても、ひび割れや膨張、色褪せ、チョーキングなどが見られるようになったら塗装のタイミングです。機能の回復だけでなく家の外観を美しく保つためにも、ある程度の築年数が経ったら外壁の様子を確認しましょう。

足立区の助成金について


外壁塗装や屋根塗装を行うときには、それなりの費用がかかります。しかし足立区であれば助成金が利用できる場合があります

足立区のリフォームで助成金が出るのは省エネリフォーム補助金という制度です。本年度は特に変更はなく、外壁の内容に関しては昨年とほぼ変わらないようです。

この制度の助成額ですが、最大5万円が限度になります。

【助成金額】
補助対象経費の3分の1に相当する額まで(1,000未満は切り捨て、上限5万円)
【補助対象】
・遮熱塗装
・断熱材の設置
・窓の交換
・内窓の新設
※この中の遮熱塗装が外壁塗装工事における助成金に当たります
【申請期間】
令和5年4月11日~令和6年1月31日まで
※申し込みが予算枠に達した時点で受付終了になります。

助成金が利用できるのか否かを外壁塗装業者と相談しながら、利用できるのであればなるべく早く申請を行うことがおすすめです。用意すべき書類なども多くあるため、しっかりと確認しながら進めていきましょう。

足立区の公式サイトにて、補助金の利用可能な件数も更新されているため、こまめにチェックしていくことがおすすめです。

情報引用元:https://www.city.adachi.tokyo.jp/kankyo/kurashi/kankyo/syouenesetubi.html

助成金・補助金の申請から受け取りまでの流れ


ここでは、助成金や補助金を申請してから、受け取るまでの流れを紹介します。申請が認定されてから受け取るまでは、大体2から3か月程度かかることが多いため注意が必要です。

1.助成金を探す

まずは、助成金を探します。使えそうな助成金を見つけたら、必ず自治体の公式サイトなどで、公式の情報を確認しましょう。

助成金は、突然締め切られてしまう場合もあるため、不安な場合は、一度役所などに問い合わせてみるのがおすすめです。

2.助成金の申請書を受け取る

助成金の申請書を受け取ります。多くの自治体では、申請書を公式サイトなどからダウンロードできるようにしているためわざわざ役所へ行かなくても大丈夫な場合が多いです。

3.塗装業者に見積書をもらう

業者に工事の見積書を出してもらいます。この時の見積書には、使用する塗料や施工面積など細かく記載することが求められます

また、見積書だけではなく、塗料の性能を証明するカタログも提出が必要な場合があるため、注意が必要です。

4.自治体に必要な書類を提出する

自治体に必要な書類を提出します。自治体の中には、郵送できないこともあるため注意が必要です。

5.自治体の審査ののち、助成金支給が決定

提出された書類の内容に虚偽や不備がないか自治体がしっかり確認し、問題がなければ支給が決定されます。

6.自治体に実績報告書と請求書を提出

工事が終了後、実績報告書と請求書を作成し、自治体へ提出します。

7.指定をした銀行口座に振り込み

ここまでの内容に不備等がなければ、指定をした銀行口座に助成金が振り込まれます。

足立区で助成金以外で外壁塗装の負担を減らすコツは?


足立区では、助成金を受け取る以外にも、外壁塗装の負担を減らす方法があります。その一つが、火災保険を適用して金額をカバーすることです。

火災保険は特定の災害に対する補償のイメージがありますが、外壁や屋根の劣化にも適用できます。ただし、助成金と比べて適用の条件が厳しいです。

それでも、火災保険が適用されれば20~40万円の金額を受け取ることができます。足立区で外壁塗装を考えている方は、火災保険の利用も視野に入れましょう。

また、別の方法としては優良業者に工事してもらうことが挙げられます。外壁塗装の価格は、塗装の素材やその面積によって大きく変わります。

さらに、業者の中には悪質なところもあり、会社で数十万円近くの差が出ることも珍しくありません。助成金や保険で負担を減らすことも重要ですが、評判のよい業者に依頼することを心がけてください。

業者選びの際には、できるだけ多くのところへ足を運んで見積もりを行うことをおすすめします。

外壁塗装以外の施工を行っている業者もある


外壁塗装以外の施工を行っている業者もある
家は外壁以外にも、さまざまな箇所が傷んでしまうため、どうせ頼むなら外壁塗装以外のメンテナンスも承っている業者だと何かと便利でしょう。ここでは外壁塗装業者が引き受けている施工のラインナップを、ご紹介していきたいと思います。

屋根塗装

外壁塗装業者には、屋根塗装を行っている業者も多くあります。屋根塗装は簡単にいうと、屋根を塗装し直すことです。基本的には塗装が剥げてきた場合のメンテナンスとして施工されるのが一般的ですが、見た目をよくするための模様替えとして行われることもあるでしょう。

屋根塗装をすることには、外壁塗装と同様のメリットがあります。まず塗膜が回復することで防水性が高まり、雨漏りのリスクをへらすことができるでしょう。しかし現在進行形で雨漏りが起こっている状態だと、傷んだ建材自体を変えて補修しなくてはいけません。

また再塗装時にはケレンという鉄部の汚れや旧塗膜を剥がす作業を行い、錆止めを塗っていきます。そこへさらに塗装することで、防錆性が備わります。

そして屋根材自体の耐久性が高まり、再塗装することで防水性がよみがえり、さらに金属部分の腐食を食い止めることができるようになるでしょう。また防カビやコケの繁殖を抑えられるため、抗菌性も付加されます。

このような効果があれば、屋根の劣化スピードを遅らせることができるのは当然でしょう。屋根が劣化してしまうと葺き替えを余儀なくされてしまいますが、そうなるリスクを抑えることができます。

加えて遮熱性や断熱性も高くなるため、冷暖房コストを抑えることもできるでしょう。夏は屋根表面で受ける熱が室内に伝わりにくくなりますし、冬は室内の温かい空気が屋根から抜けるのを防ぐことができます。

雨漏り診断・工事

外壁塗装業者では、雨漏り診断の出張や工事に出向いていることも少なくありません。

雨漏り診断

この仕事は主に、雨漏り診断士などの資格をもつプロが診断することになるでしょう。雨漏り診断士はNPO法人雨漏り診断士協会が認定する資格者のことで、認定試験に合格することで有資格者となります。

また雨漏り診断士以外にも塗装技能士や外装劣化診断士、防水施工技能士など、国や行政機関が定める資格をもつ者が診断するケースもあります。

雨漏り診断の方法は業者によってさまざまですが、たとえば次のような方法で診断されるケースがあります。

目視調査
目視調査は、実際に目で見てどこに問題があるのかを調査する方法です。調査費用は無料になっているケースが多いでしょう。

散水調査
散水調査は、雨漏りの原因が疑われる場所に水を流し、雨漏り箇所を特定させる調査方法になります。

発光液調査
発光液調査とは、発光塗料を雨漏りの疑いのある場所に流し、雨漏り箇所を特定させる調査方法になります。

赤外線サーモグラフィー調査
赤外線サーモグラフィー調査は、建物内の温度が低い箇所を機械で検知し、雨漏り箇所を調べる方法になっています。

雨漏り工事

雨漏り箇所の工事においては、次の箇所と方法で修理していくこととなるでしょう。

屋根
屋根では主に、漆喰の補修や棟板金・谷樋・瓦などを交換することとなります。

外壁
外壁の雨漏りは、コーキング補修やコーキングの打ち替え、ひび割れ補修といった施工をすることになるでしょう。

ベランダ
ベランダに雨漏りが起こっている場合は、防水コーキングや下地の修理・交換をしていきます。

いかがでしょう? これらは特に代表的な施工内容になりますが、ほかにも内装塗装や外回りのリフォームなどを実施しているケースも見られます。外壁塗装と屋根塗装を同時に行う方がお得になる場合などもあるので、屋根塗装を考えているなら外壁・屋根塗装専門店に依頼するのがおすすめです。家のメンテナンスを総合的におまかせしたい方は、どれだけ対応してくれるのかプランを確認してみるといいかもしれませんね。


・屋根塗装や雨漏りなどにも対応している
・外壁塗装以外の施工もしている業者は便利

どんな外壁塗装業者が悪徳業者?アンケートで聞いてみました!


ここまで、外壁塗装の塗料や費用相場・対応している工事など、基本知識はご理解いただけたかと思います。いよいよ実際に業者を選んでいきたいところですが、ここで気をつけておきたいのが悪徳業者です。

そこで今回、一般の方にWEBアンケートを行い、どのような外壁塗装業者が悪徳業者であると考えられているのか調査しました。

「契約を急がせてくる」「見積もりの詳細が分からない」が同じくらい多い意見でした。外壁塗装の工事は、よく検討してから契約するものです。お客様を焦らせて強引に契約しようとするのは悪徳業者の可能性があります。

また、見積もりの詳細がわからない状態で契約するのは危険です。きちんと納得するまで説明してくれる業者を選んでください。

「突然家に訪問してくる」と回答された方もとても多いですね。これは本当に迷惑な行為です。工事を頼んでいないのに売り込みにくる業者は、不安をあおり契約をせまってくることがあります。

それから、「工事費用が全額先払い」にも気をつけてください。きちんと施工されているのか確認してから料金を支払うのが理想的です。

「値引きをしてくれる」は一見怪しくないように思えますが、過剰な場合は注意が必要です。値引きをした分他のところで料金が発生している可能性があります。適正な価格でサービスを提供している業者がよいでしょう。

アンケート結果から、注意すべき悪徳業者のポイントがわかりましたね!当サイトの情報を元に悪徳業者を避けて、特定建築許可や資格を得ている優良業者を選びましょう。

次の見出しでは、具体的な悪徳業者の手口や対処法をみていきます。

悪徳業者に注意!トラブルになった時はどうすれば良い?


悪徳業者に注意!トラブルになった時はどうすれば良い?
外壁塗装業者へ依頼する際に心配なのが、悪徳業者に騙されてしまう可能性があるということです。訪問系だとトラブルが起こりやすいというのも実情ですが、外壁や屋根の劣化が進んでいく中でどんな業者に依頼したらよいのでしょうか。

そこで無事に外壁塗装を済ませることができるよう、悪徳業者の被害に遭わないための対処法について、ここで解説していきたいと思います。

トラブルの実例

まず、悪徳業者がどのようなトラブルを起こしているのか、よくある例を見ていきましょう。

手抜き工事
悪徳業者は営利目的のみで動いているため、金銭だけ受け取り工事は手抜きで済ませ、施工箇所がその後どうなろうと、保証してくれることはありません。また下請け業者に依頼して高額な中間マージンを発生させ、取り分のほとんどを自分たちが搾取するようなこともしています。そうなると下請け業者は必然的にやる気を失い、手抜き工事を引き起こしてしまうでしょう。

施主に責任を押しつける
悪徳業者は言葉巧みに施主の恐怖心を煽ることで、料金を搾取しています。「契約書に書いてあります」「ここまでは無料でしたが、残りの代金を支払わないと法律違反となります」など、脅迫めいたセリフで、支払いを迫ることもあるでしょう。施主が了承したという方向にもっていければ、悪徳業者は何度でも支払いを請求し続けます。

金銭だけ受け取り行方をくらます
外壁塗装では、アフターサポートが重要になっています。優良業者であれば施工後に数年帯の点検を行ったり、次の塗装時期を知らせてくれるでしょう。しかし悪徳業者では、契約金をもらえば施工後の品質は我関せずになり、アフターサポートには関与せず、そのエリアから姿を消してしまうこともあります。

悪徳業者の特徴とは?

悪徳業者をすぐに見分けるためにも、どんな特徴があるのかポイントを押さえておくようにしましょう。

訪問販売

アポイントなしにやってくる訪問販売の業者は、国民生活センターへの相談で被害が突出しています。訪問販売業者は、「たまたま通りがかったら外壁が危険な状態だったので~」「この価格で工事できる枠は、あと1件だけです」といったように、不安を煽ったりすることで契約を迫るやり口が多いでしょう。また建物の状態は、通りがかった程度で見て簡単に診断できるものではありません。

過剰な値引きや低価格設定

「キャンペーン」や「無料」といった言葉を使う業者にも気をつけましょう。外壁塗装だと、「足場代無料」などがしばしば使われますが、実際に見積もりを見ると下地処理や養生など、本来ならあまり料金がかからない作業に上乗せされているケースが見られます。

嘘・誇張・曖昧表現が多い

悪徳業者は大事な説明を濁したり、大げさだったり曖昧な表現も使います。最悪、嘘をつかれることもあるでしょう。たとえば「永久メンテナンスフリー」というキャッチフレーズもありますが、そんな高性能な塗料は存在しません。また「当社開発オリジナル塗料」というものだと、大手メーカーでなければありえないでしょう。

見積書にも曖昧表現があり、たとえば「シリコン塗料」や「外壁塗装工事費」といった表記しかないと、どこのメーカーの何という塗料を使用しているのかわからないので、注意してください。材料費や工事代が別々に書かれていることも、どれにどのくらい費用がかかっているのかを知る上で重要です。

万が一のトラブルの対処法

もし悪徳業者のトラブルに見舞われてしまったら、次の方法で対処するようにしましょう。

強気で構えて対応する
向こうはこちらを「騙す」つもりで来ているため、弱気な姿勢を見せてはいけません。こちらの意見を無視したり、強引に工事を行おうとするような態度が見られれば、気を使う必要はないので遠慮なく断るようにしましょう。ただし、「断ることで豹変するのではないか…」と懸念される場合は、すみやかに地域の警察署や自治体に報告してください。

第三者へ相談
オレオレ詐欺なども同様ですが、悪徳業者の被害は、被害者本人ではなく家族や友人などが不審に思って発覚することもあります。やさしい人のような印象を本人は受けても、話の内容に違和感を覚えることがあるので、念のためまわりに相談するようにしましょう。ほかにも住宅リフォームなどの支援センターである「住まいるダイヤル」や、自治体に相談できることを覚えておくと、転ばぬ先の杖となります。

クーリングオフ制度の利用
もし契約書にサインしてしまったり、すでに工事を行ってしまったという場合は、クーリングオフ制度が適用できないか調べてみましょう。クーリングオフは契約日から8日以内なら、契約解除できる制度となっています。8日過ぎてからでも、契約書自体が未発行だったり、記載に不備がある、解約できない・クーリングオフ対象外であるなどの虚偽の説明をされていた場合などは、解約の対象となることもあるでしょう。

悪徳業者は身近なところに潜んでいるので、彼らのパターンを掴んで対策しておくことが肝心です。ぜひ実践しておきましょう。


・訪問販売は基本的にNG
・相談先をあらかじめ覚えておくこと

足立区の外壁塗装業者の選び方


足立区の外壁塗装業者の選び方
優良な外激塗装業者を選ぶためには、その特徴を知る必要があるでしょう。そのためここでは、足立区の外壁塗装業者の選び方について、詳しくアドバイスしていきたいと思います。

許可・資格を保有

外壁塗装業というのは許可や資格をもっていなくても、生業とすることは可能です。しかし依頼する側からすれば、許可や資格をもたない業者に依頼するのは、できるだけ避けたいところでしょう。なお外壁塗装における許可や資格は、次のようなものがあります。

特定建設業許可

500万円以上の工事を行う場合だと、建設業許可票というものを施工業者は保有していなくてはなりません。ただ一般的な住宅でそこまで費用が高額になるケースはほぼなく、許可証がなくても質が落ちることはないでしょう。

しかし特定建設業許可は、その業者の資産状況や業務履歴を自治体が審査した証でもあるため、やはり保有していれば信頼性は高くなります。なお塗装業者の場合、許可証の「許可を受けた建設業」の欄が「塗装工事業」と記載されているでしょう。

ちなみに許可証の有効期限は5年間となっていますが、許可証に期限は記載されていないため、許可年月日を見て期限切れになっていないかチェックしてください。なお許可証は原則として、見やすいところに掲示することが建設業法で定められていますので、店頭などで確認してみましょう。

基本的には商業施設などの大規模修繕を行っている業者だと、取得している可能性が高くなっています。

各種資格

優良な外壁塗装業者では、次のような資格をもつプロが診断や施工にあたってくれるでしょう。

塗装技能士
塗装技能士の二級は合格証名義が都道府県知事で、受験資格は実務2年以上の者が対象となります。そして一級は厚生労働大臣が合格証書名義となっており、受験資格は実務7年以上が必要となります。これらをホームページに記載する際は、必ず級数も明記しなくてはならないため、「塗装技能士による施工! 」という曖昧な表記があれば気をつけてください。

外壁劣化診断士
一般社団法人住宅保全推進協会による民間資格の外壁劣化診断士は、住宅関連事業の実務経験が5年以上、あるいは一級・二級建築士など、数ある条件のうちどれかを満たした者に受験資格が与えられます。

塗装以外の工事も充実

家のメンテナンスは、何も外壁や屋根の塗装に限ったことではありません。使い続けていれば、必ずそこかしこで不具合が起こるため、塗装だけで対処していくのは無理があるでしょう。

そのため外壁塗装業者は、塗装以外にも家のさまざまなメンテナンスを行ってくれるところだと非常に便利です。外壁や屋根の診断をすれば、塗装以外のメンテナンスが必要かどうかも発覚するため、リフォームもついでにしてくれるような業者だと面倒がないでしょう。

たとえば雨漏り箇所やベランダなどの補修工事は代表的なものですし、ほかにも雨どいの交換や網戸の張替え、窓コーキングといった住宅のさまざまな不具合を解決してくれる外壁塗装業者も存在します。総合的に家のメンテナンスをおまかせできる業者が見つかれば、不具合が起きるたびに業者を探す手間もなくなるでしょう。

外壁塗装専門店に依頼すること

なお塗装以外の工事が充実しているからといって、外壁塗装専門店以外の業者におまかせするのはおすすめしません。というのも外壁塗装の専門店だと、外壁塗装に関連する資格をもつプロが集っている可能性が高く、また自社一貫施工が多いため中間マージンが発生して費用が高くなるリスクが低くなっています。

専門店以外が実施しているケースだと、次の例になるでしょう。

ハウスメーカー

たとえば新築住宅事業を営むハウスメーカーでも、外壁塗装を行っている場合があります。しかしハウスメーカーは宣伝費や人件費に投資しているケースが主で、さらに外注で施工することも多く中間マージンが発生しがちなので、高額になりやすいでしょう。

ホームセンター

またホームセンターでも、外壁塗装の依頼を引き受けているケースがあります。大手だと専門部署がワンストップで施工してくれることもありますが、基本的には下請け業者が引き受けることが多いので、やはり中間マージンが懸念されるでしょう。

リフォーム専門店

リフォーム専門店は、外装・内装工事などのリフォーム工事全般をメインとする業者です。たとえばフローリングや壁紙を張り替えたり、水回りの設備の交換リフォームなどが主な業務となるでしょう。

住まい全体のリフォームを得意としている点では便利ですが、業者によって得意不得意はあります。そのため外壁塗装となれば、その実績が豊富な業者の方がよりよい施工をしてくれる可能性が高いでしょう。

保険や保証の手厚さ

外壁塗装工事では、不慮の事故が発生する危険がともなうことや、工事後の施工ミスが万が一発覚した場合でも、無料で補修する保証があるかどうかも肝心な要素となるでしょう。

建設業者向けの保険への加入

外壁塗装を含む建設業者は、専用の保険に加入していることがあります。たとえば建設工事保険や請負業者倍責任保険といった保険に加入していると、建物の破損や盗難などの被害に遭った場合、その損害が保険金から賄われることになるでしょう。

また業者が経営不振や倒産といった事態で補修に対応できなくなった場合だと、リフォーム瑕疵保険という、保険会社からリフォーム費用が支払われるものもあります。

そのため各業者がどのような保険に加入しているかは、非常に重要なポイントとなるでしょう。

アフターフォロー

外壁塗装は、塗ったらすべてが終わるわけではありません。たとえば塗料には耐久年数がありますが、その耐久年数に達する前に塗装がひび割れてしまうと、耐久性をもたせるために高い費用を払った意味がないでしょう。そのような施工不良が発覚した場合でも、無償で補修してもらえるよう工事保証が用意されていると安心なので、有無を必ずチェックしてください。

工事保証は基本的に、5~10年程度に設定しているケースが多いでしょう。保証内容は保証書として発行してもらい、保証期間中は紛失しないよう大切に保管してください。

ちなみに業者にもよりますが、工事保証を自社保証やアフター保証と記載している場合もあります。

優良な外壁塗装業者の特徴としていえるのは、いかに利用者にとって安心できる要素を押さえているかということでしょう。確かにどれも安心させるだけの説得力があるため、依頼する抵抗感は覚えません。そのため外壁塗装業者を選ぶ際は、上記のポイントをチェックするようにしましょう。


・許可・資格・保険・保証がある専門店がベスト
・塗装以外の施工も充実していると便利

外壁塗装業者は塗装以外の工事も充実している業者を選ぼう!


足立区での外壁塗装業者選びですが、安心して任せられる業者を見つけることはできそうでしょうか。
安心して依頼できる外壁塗装業者というのは、いいところだけを話す口のうまい人たちのことではありません。できないことはできないと正直に答えてくれたり、見積書を見て何にお金がかかるのか内訳がはっきりしていたりと、誠実な対応をしてくれる人たちのことを指します。

その業者の誠実さを見極めるポイントは、許可や資格、保険や保証などで確認することができます。そしてさらに外壁塗装以外の施工ができると、家のメンテナンスのことで困ったことがあったときに、すぐに助けてもらうことができるでしょう。

もし信頼できそうな業者がいくつか見つかったら、まずは各社に見積依頼をして比較してみてください。

屋根塗装について

屋根塗装はなぜ必要なの?

屋根塗装とは

屋根塗装とは、屋根の修繕の一つで屋根の上から再塗装することです。新築で住宅を建てた後、7年から15年が経過すると、紫外線や熱などが原因で屋根の塗装機能が低下します。

住宅の屋根に使用されている屋根材は、塗装によってコーティングされた状態で販売されています。このコーティングにダメージを与えるのが紫外線です。

紫外線には殺菌効果やビタミンDの合成といったプラスの効果がある半面、皮膚がんや失明の原因になることでも知られています。強いエネルギーを持つ紫外線は、屋根にも大きなダメージを与えます。

また、屋根は太陽の熱を直接受ける場所ですので、熱によるダメージも受けます。

屋根塗装は、太陽の紫外線や熱の強いエネルギーから屋根を守っているため、塗装が剥げると屋根材が色褪せたり、ひびが入ったりしてしまいます。

雨漏りがなく、屋根の美観もそれほど劣化していない場合、屋根の塗装を見送るケースも少なくありません。しかし、塗料の劣化を放置していると、ひび割れが進み、最悪の場合、屋根修理に発展してしまう可能性があります。

屋根塗装で雨漏りは直せない

「屋根の塗装で雨漏りが直る」と説明する業者がいたら、かなり注意しなければなりません。後ほど詳しく述べますが、塗装が原因で雨漏りになることは確かにありますが、雨漏りの原因のほとんどが、屋根そのものの破損です。

したがって、屋根の上から塗装を施しても、雨漏りが直る可能性は高くありません。

しかし、塗装を定期的に塗りなおしていれば、屋根の劣化を遅らせることができるので、結果的に屋根塗装で雨漏りを防ぐことはできます。

すでに雨漏りが発生している場合、屋根塗装で直すことはできませんので、工務店などに屋根の修理を依頼したほうがよいでしょう。

屋根塗装の役割

先ほど、屋根の塗装は、屋根材を保護するために行います。塗装を行う理由は以下の3点です。

・美観を保つため
・雨や紫外線、サビなどから屋根を守るため
・遮熱や防汚の機能を付加するため

1つ目の理由は、住宅の美観を保つためです。経年劣化した屋根は、色落ちしてしまいます。建築当時のような美観を回復するには、屋根塗装をする必要があります。塗装を機に、屋根の色を変えてもよいでしょう。

2つ目の理由は、雨や紫外線・サビなどから屋根を守るためです。常に太陽光や風雨にさらされている屋根は劣化しやすい場所の一つです。

塗装が剥げて屋根材が傷んでしまうと、屋根修理が必要な状態に発展する可能性があります。塗装の傷みが軽度であるうちに、屋根塗装をするのが望ましいといえます。

3つ目の理由は、新たな機能を付け加えるためです。屋根塗装で使用される塗料には、特殊な機能を持っているものがあります。

太陽熱を反射して屋根の温度を下げる遮熱機能がある塗料や、カビや細菌に強い防カビ機能がある塗料、付着した汚れを自動的に洗い流してくれる防汚機能が付いた塗料などもあります。屋根塗装を機に、住宅の機能向上を図ることもできます。

屋根塗装を検討したほうが良い状態

屋根塗装の必要性は理解できましたが、どのタイミングで再塗装したほうがよいのでしょうか。

基本的に、屋根の塗装は7〜15年で劣化すると考えられています。しかし、以下のように劣化した状態が見られたら、なるべく早く再塗装を検討したほうがよいでしょう。

・色褪せ
・カビやコケの付着
・屋根の反り
・サビ

屋根の色褪せが見られるのは、屋根の塗料が徐々に薄くなっているサインです。塗膜の中の顔料が徐々に溶け出しているから、屋根の色あせが起きていると考えてよいでしょう。この段階で屋根塗装を行うと、屋根の劣化を抑えられます。

屋根にカビやコケが付着している場合も、屋根塗装を検討するタイミングです。カビやコケを放置すると屋根の劣化が進んでしまうからです。塗装前にカビやコケを取り除いてから、塗装作業をしなければなりません。

屋根が反っている場合、塗装の機能が失われ、屋根に水がしみこんでいる可能性があります。あまりに強く屋根が反りかえっている場合、屋根の張り替えが必要となる可能性があります。そうなるまえに、塗装を塗りなおして屋根への水の侵入を防ぎましょう。

屋根がサビるのは、塗装が剥げて屋根材の金属が水と酸素に反応しているからです。サビが大きくなると、事前にサビを削る作業が発生して費用が高くなりがちです。できる限り、サビが小さいうちに屋根塗装を実行しましょう。

経年劣化した屋根は塗装が困難

経年劣化した屋根は、塗装で直すことはできません。以下のような状態が見られたら、屋根の修理を優先したほうがよいでしょう。

・ひび割れや欠損が多い
・前回の皮膜の剥がれ方がひどい
・下地が傷んでいる

また、いくつかの種類の屋根は再塗装が困難です。たとえば、パミールという屋根材は表面がはく離してしまうため、屋根塗装をしても意味がありません。レサスという屋根材は、ひび割れを起こしやすいため、これも屋根塗装に不向きです。

雨漏りを防止できる屋根塗装の塗料

雨漏りを防止するには、以下の機能を持った塗料を使用しなければなりません。

・防水性
・耐久性・耐候性
・伸縮性

雨漏り防止の機能を期待するのであれば、水を防ぐ防水性の塗料を使わなければなりません。防水性が高い塗料を用いるメリットは、雨漏りを防ぐだけではありません。湿気を好むカビやコケの発生も抑制してくれます。

また、防水機能が高ければ、水によって屋根材がサビるのを防げるため、防サビ効果も期待できます。

長い年月使用しても、強度が落ちにくい耐久性も重要な要素です。なぜなら、屋根は住宅の中でも最も過酷な環境に耐えなければならない場所だからです。

天候の変化に強い「耐候性」も重要です。太陽熱や紫外線、雨、雪、風などの外界の力に耐えなければなりません。ただ、耐久性・耐候性が高い塗料は相対的に割高になります。

意外に思うかもしれませんが、伸縮性も重要な要素です。伸縮性とは、まるでゴムのように伸びたり縮んだりする性質のことです。

伸縮性がない塗料を塗ってしまうと、塗料を塗った後にひび割れすることがあります。そうなると、ひび割れした部分から雨水が侵入し、屋根材にダメージを与えてしまいます。

伸縮性があれば、住宅が地震や風雨で揺れ動いたときでも、その動きに付き従って伸び縮みしますので、塗料がひび割れしにくいのです。

よくある質問


外壁を傷める一番の原因はお肌の敵と同じ紫外線です。人間のお肌と同じで、太陽光を浴び続けるため、どうしても建築物の外壁は定期的なケアが必要になります。


一般的には8年〜10年毎といわれています。ですが、個々の家ごとの立地条件や環境、新築時からの使用材料で大きく変わりますので注意が必要です。


外壁塗料の剥がれ、ひび、クラック等、また壁を触ってみて手に粉などが付着すると塗り替えのサインになります。
また、外壁の劣化順序は、ツヤが消えてくる→変色する→表面が粉っぽくなる→ひび割れやコケの発生→塗膜が剥がれるですのでぜひ参考にしてください。
目安ととして前回の塗り替えから(新築から)7年〜10年目頃、粉っぽくなったり、ひび割れが見られたら塗り替えがおすすめです。


人間の体と同じで経年劣化は築年数が経つにつれて劣化の状態も急速に進みます。なので、どうしても新築から10年間とこれから10年間では劣化するスピードが速まります。注意が必要です。


新築時のサイディングボードは工場塗装されたものが使用されています。時がたてば表面の塗膜がどうしても劣化してしまいます。塗膜が劣化している段階では塗装工事で直りますので、外壁診断を依頼するのがおすすめです。


白い石灰質は、コンクリートのアルカリ成分が流出した現象だと思われます。チョーキングが起きている箇所には必ずひび割れが発生していますので、適切な補修が必要です。ぜひ一度、相談してみてください。


一般的には、塗料の色見本帳から選ぶことになります。なかなか塗替え後のイメージを描くのは難しいのが現実です。
外壁面の大きさ、既存の凹凸模様で違った色に見えてしまう事もあります。なるべく大きめの色見本を見たり、太陽にかざして色を確認したり、仕上がりイメージより若干濃い目の色を選ぶのがおすすめです。


いいえ。外壁塗装をしなおすことで、家全体が綺麗になり一緒に塗装したいところですが、残念ながらアルミサッシは塗装できません。塗装してもはがれてしまいます。

【足立区】おすすめ外壁塗装業者の一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名楽塗山下塗装タムラ塗装深井塗装あらたに
特徴①特定建設業許可取を取得している公共物件・大規模工事の修繕や塗装など幅広く対応「お客様の立場に立っての施工」が第一足立区を中心に3000棟以上を対応安心の2~4度塗りの剥がれない塗装
特徴②塗装以外の工法のカバー工法・葺き替えも可能一級塗装技能士(建築塗装) 4人在籍「お客様の求める完成イメージの追求」が目的大手塗料メーカーアスティックペイント施工実績No.1完全後払い制で手付金や中間金は一切なし
特徴③リフォームにも対応しており大規模修繕も可能埼玉・千葉の一部近隣地域も対応最大10年塗膜保証付きで安心国家資格保有の職人が多数在籍業界トップクラスの10年保証
問い合わせ電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・メールフォーム電話・LINE・メールフォーム電話・メールフォーム
詳細リンク
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

コンクリート打ち放し住宅の独自の美しさと丈夫な特性に惹かれる人も多いですが、外壁塗装の必要性やメンテナンスの重要性は見逃せません。この記事では、なぜ外壁塗装が必要かや適切なメンテナンスについ ・・・[続きを読む]
外壁塗装工事には高額な費用がかかるので、安心して任せられる業者を選びたいと考えるのは当然のことです。しかし、一般の方が優良業者もしくは悪徳業者を見極めることは難しく、中には失敗してしまうケー ・・・[続きを読む]
会社名 株式会社ファミリー工房 所在地 〒120-0001 東京都足立区大谷田4丁目1-20 電話番号 03-5849-5561 代表者 古藤 晃英 設立 2005年2月 資本金 5,000 ・・・[続きを読む]
会社名 株式会社オリバー 所在地 〒123-0864 東京都足立区鹿浜8-5-10 電話番号 03-5647-8166 設立 ガイソー足立店:2017年1月15日オープン(会社設立:2002 ・・・[続きを読む]
外壁塗装中に家を留守にしても問題ありません。ただし、立ち合いが必要になるケースがあることを覚えておきましょう。また、外出する際には家の戸締まりの徹底や、担当者と連絡先交換しておくと安心です。 ・・・[続きを読む]
外壁の補修を考えているけれど、外壁塗装とサイディングどちらがいいの?とお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、外壁塗装とサイディングについて、予算に重きを置いた比較 ・・・[続きを読む]
外壁塗装したいと考えているけれど「まだするべきではない」という意見もあり、判断が難しいとお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく「外壁塗装はまだするな」といわれる理由 ・・・[続きを読む]
外壁塗装は決して安くはないため、本当に必要なの?とお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、外壁塗装の役割や塗装しない場合の現実とリスク、外壁塗装するべきタイミングに ・・・[続きを読む]
外壁塗装についてお伝えします。自宅の外壁の色褪せや汚れが気になってはいるけど、トラブルもないので放置している、という方も多いのではないでしょうか。外壁塗装には高額な費用がかかるため、後回しに ・・・[続きを読む]
外壁塗装の種類と選び方についてお伝えします。外壁の経年劣化による汚れや色褪せ、ひび割れが気になる、という方も多いのではないでしょうか。外壁塗料に使われる塗料は、種類が豊富でどれを選べばいいの ・・・[続きを読む]