悪質な外壁塗装業者と契約してしまったら?頼れる相談先とは

公開日:2022/08/15

悪質な外壁塗装業者と契約

マイホームや所有物件のメンテナンスで行う外壁塗装。物件の外観を整えたかっただけなのに「信頼した業者が実は悪徳業者で、大きなトラブルになってしまった」といった残念な事例もあるようです。今回は、悪徳塗装業者と契約してしまった場合の解決方法や、頼れる相談先についてご紹介します。

外壁塗装で多い相談内容とは

外壁塗装では、どのような相談内容が多いのでしょうか。実際にあった外壁塗装のトラブルを4つご紹介します。

見積もり金額が適切なのか判断できない

外壁塗装の見積もりは、高いのか安いのか判断しづらいものです。「業者が出した見積もり金額が、適正なものなのか判断ができない」といった相談も多く寄せられています。もし見積もりが適正な金額かどうかわからない場合は、複数の業者に見積もりを依頼して金額を比べるのがおすすめです。じっくりと検討して、納得できる業者に依頼しましょう。

やっぱり依頼をキャンセルしたい

見積もりを依頼した段階では、まだ契約を結んでいないため無償でキャンセルをすることができます。見積もり段階でキャンセルをした場合、万が一業者からキャンセル料を請求されたら、見積もり段階ではキャンセル料が発生しないことを確認してください。もし業者が引き下がらない場合は、消費者センターや弁護士に相談しましょう。

工事中の騒音がストレスになっている

外壁塗装の工事は、どうしても工事音が出てしまうものです。しかし、あまりにも騒音がひどい場合や、騒音が長引く場合は、「あとどれくらい工事が続くのか」を確認しておきましょう。また、とくに大きな騒音が出てしまう工事がある場合は、事前に伝えるよう依頼するのもポイントです。

近隣住民から苦情がきてしまった

外壁塗装の工事の騒音や、塗料の飛散によって、まれに近隣住民から苦情が来てしまうことがあります。特に塗料の飛散は、損害賠償の問題に発展してしまうことも。もし塗料が周囲に飛び散ってしまっているのを発見した場合は、すみやかに業者に報告してください。また、塗料がついてしまった部分をカメラで撮っておくと、話し合いがスムーズに進みます。

外壁塗装のトラブルが発生した時に頼れる相談先とは

万が一外壁塗装でトラブルが起きた場合は、どこに相談したら良いのでしょうか。外壁塗装のトラブルが起きた場合の相談先を4つご紹介します。

リフォーム業者・建築士など

外壁塗装のトラブルが起きた場合、まずは依頼しているリフォーム業者や担当している建築士に相談しましょう。もしもトラブルが解決しない場合は、ほかのリフォーム業者や建築士に相談するのもひとつの手段です。新しい業者に依頼する場合は、トラブル箇所の修正を多く担当している業者に問い合わせるのがポイントです。

消費生活センターなどの公的機関

外壁塗装のトラブルは、公的機関に相談するのもおすすめです。消費生活センター、独立行政法人国民生活センター、公益社団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターなどの機関に相談しましょう。消費生活センターは、消費者トラブル全般の相談が可能です。近隣住民とのトラブルや金銭トラブルについても、相談に乗ってもらえます。

弁護士

外壁塗装のトラブルは、法律のプロである弁護士に相談するのもおすすめです。相談費用はやや高いですが、トラブルを白黒はっきり解決しやすいのが魅力でしょう。ただし弁護士によって得意分野が異なります。弁護士に依頼をする場合は、建築トラブルを多く扱っている弁護士を選ぶようにしてください。

Q&Aサイト

弁護士に相談するほどでもないけど、法的な見解が知りたい」という場合は、弁護士ドットコムなどのQ&Aサイトを利用するのがおすすめです。弁護士ドットコムは、オンライン上で弁護士に法律相談ができるサービスです。同じような外壁塗装トラブルについて相談している人がいる場合、弁護士の見解を見ることができます。

相談する前に何か準備をしておくべき?

もし外壁塗装のトラブルを外部の機関に相談する場合、どのような準備をしておくべきなのでしょうか。準備しておくと相談がスムーズになることを、3つご紹介します。

トラブルの内容を時系列でまとめておく

トラブルの内容を、時系列でまとめておくと相談がスムーズに進みます。いつどこで誰が、どのようなトラブルを起こしてしまったのか、相手の対応や態度、お互いの要求などをメモにまとめておきましょう。

トラブル部分をカメラで撮影しておく

トラブルが起きた部分をカメラで撮影しておくのもおすすめです。いつどこでどのようなトラブルが起きたのかの証明になります。万が一業者がトラブルを否定したとしても、写真を残しておくことで言い逃れを防ぐことが可能です。

契約内容がわかるものを持参する

外部機関にトラブルの相談をする場合は、塗装工事の契約書を持参しましょう。どのような契約内容になっているかを確認するためです。もし紙の契約書を受け取っていない場合は、発行してもらいましょう。追加工事があった場合も、一つひとつ契約書をもらっておくのがポイントです。

まとめ

悪徳な外壁塗装業者と契約してしまった場合は、証拠を集めながら外部機関に相談するのがおすすめです。相談先は消費生活センターや弁護士だと心強いでしょう。トラブルがあった部分をカメラで撮影し、トラブル内容を時系列でまとめたメモと契約書を提出すると相談がスムーズに進みます。もし外壁塗装でトラブルがあった場合は参考にしてください。

【足立区】おすすめの外壁塗装業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名楽塗ガイソー 足立店ファミリー工房タムラ塗装あらた
特徴①「適正価格」「高品質」を「完全自社施工」によって実現しているさまざまな試行錯誤を繰り返し作り上げた外装リフォーム専門店ブランド一級建築士が6名在籍し、最適な住まいを提案「お客様の立場に立っての施工」を第一にしっかりと打ち合わせを行う地域密着型で技術力だけではなく対応力も意識している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【足立区】おすすめ外壁塗装業者ランキング!
記事一覧