「クラック」って何が原因で起きるの?原因と外壁補修の方法を知っておこう

公開日:2022/09/15


クラックという言葉を聞いてピンとくる方は、あまりいないのではないでしょうか。クラックは外壁の状態を知らせる一つのサインになります。ここでは、クラックはどのような状態を言うのか、その種類、なぜクラックが起きるのか、クラックを放置するとどうなるのか、発生した場合の補修方法について解説していきます。

クラックとは?クラックの種類も解説

クラックは英語で「crack」と書き、「裂け目」「ひび割れ」を意味します。クラックは、その大きさや深さによって二つに分類されます。

一つは「ヘアークラック」と言われるもので、クラックの幅が0.3ミリメートルより小さく、深さが4ミリメートルより小さいものを指します。名前のとおり、髪の毛のような壁の表面部分のみに生じる、小さなひび割れを差します。

もう一つは「構造クラック」と言われるもので、幅が0.3ミリメートルより大きく、深さが4ミリメートルより大きいものを指します。名前の通り、建物の構造、躯体にまでひび割れが生じ、場合によっては家そのものの耐震性、防水、機密性に大きな影響が出ている状態を指します。ただし、小さなひび割れでも油断は禁物です。家の構造までは確認できないことから、内部で問題が起きている可能を完全に排除できないからです。

クラックが発生する原因とは

クラックが発生する原因は「地震」「外部からの圧力」「設計段階での設計ミス、施工不良」「紫外線」「経年劣化」など、さまざまな理由が挙げられます。

「地震」

クラックの発生する典型的な例です。地面からの縦揺れ、横揺れ、ねじれの外部圧力により、地震の規模により程度はさまざまですが、外壁材、塗装部分、躯体、基礎などに影響を及ぼします。地震は地面が単に揺れているだけでなく、あらゆる方向から建物に圧力がかかるものです。それをコンクリート、鉄骨、木材を原料とする基礎や構造で支えています。建物が倒壊しなくても地震は建物の耐震性や通気性、機密性などに大きな変化をもたらすほどエネルギーがあり、当然のことながら外壁においても負担がかかるものになります。

「外部からの圧力」

「車をぶつけた」「街路樹が倒れて、壁を直撃した」といったものです。

「設計段階での設計ミス、施工不良」

長く住み始めてから発見されるケースも多く非常に厄介なものです。屋根裏や軒下に潜る方はあまり多くはなく、ましてや壁を剥がして構造を確認するといったことをする方は、余程のきっかけがない限りいないでしょう。「外壁のクラックを調べているうちに、調査して原因が設計ミスによるものと分かった」といったケースが多いものになります。目に見えての設計ミスや施工不良は短期間で発覚することは多いですが、内部のものはとくに見えにくいので、発見が遅れます。

症状としては「基礎や柱の位置がズレていて、外壁材に多くの負担がかかってひび割れが起きた」「雨漏りから常に構造に水分がある状態であったので構造材が弱った。その影響で外壁材にも劣化が起きた」などが挙げられます。これらの状況になったら、外壁の問題だけではなく、家全体の耐震性、機能性などがすでに損なわれている可能性があります。

「紫外線」「経年劣化」

外壁にとって避けようのないものです。近年は、紫外線に耐性のあるものや防汚機能、光触媒機能などの高性能な外壁材、塗料が開発されてはいますが、万全とは言えないのが現状です。外壁塗装の寿命は、おおむね10年から15年と言われていますが、紫外線が強い地域、海の近い地域などはそれが縮まると言われています。これらの影響や経年劣化により塗装の機能が落ち、下地を守ることができなくなると、クラックが起きる可能性が高まります。

クラックを放置するとどうなる?

軽微なクラックは、すぐに補修すれば問題ありません。しかし、構造クラックは放置すると建物の構造に深刻な影響を及ぼします。最悪、地震などが来たときに倒壊することも考えられます。クラックを見つけたら、放置しないことが被害を大きくしないことにつながります。余程小さなものでない限り、業者に調査をしてもらってから、対応を決めることが望ましいと言えるでしょう。

クラックが発生した外壁を補修する方法は?

クラックは、程度によって自分で補修できるもの、業者に依頼する必要のあるものによって対応が変わります。軽微なものであれば、クラックにシーリング材を充填すれば完了することが多いと言われます。構造クラックは、外壁の一部を電動工具で切除し、その切れ目にシーリング材を充填することになることが多いです。外壁の状況を正しく分析して、最適な手段を講じる必要があるので、簡単に自己処理できるものではないことを覚えておきましょう。

まとめ

クラックはどのような状態を言うのか、その種類、なぜクラックが起きるのか、クラックを放置するとどうなるのか、発生した場合の補修方法について解説してきました。クラックは、構造への影響の有無により症状はさまざまです。日々、外壁の状況を確認し、被害が大きくなる前に対処しておきたいものですよね。上記を参考に、クラックが起きたときの対処法を頭に入れておきましょう。

【足立区】おすすめの外壁塗装業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名楽塗ガイソー 足立店ファミリー工房タムラ塗装あらた
特徴①「適正価格」「高品質」を「完全自社施工」によって実現しているさまざまな試行錯誤を繰り返し作り上げた外装リフォーム専門店ブランド一級建築士が6名在籍し、最適な住まいを提案「お客様の立場に立っての施工」を第一にしっかりと打ち合わせを行う地域密着型で技術力だけではなく対応力も意識している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【足立区】おすすめ外壁塗装業者ランキング!
記事一覧