外壁塗装の工事費用を安価に抑えるテクニックを知っておこう!

公開日:2021/12/01

大体10年毎に工事が必要な外壁塗装ですが、その値段はなんと約100万円!自治体から補助金・助成金が出るといっても決して安くはないので、可能ならなるべく費用を抑えたいものです。この記事では、「外壁塗装の工事費用を安価に抑えるテクニック」をご紹介します。これから外壁塗装の依頼を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装の費用相場を確認

工事費用を安価に抑えるテクニックの前に、まず外壁塗装の費用相場を確認しておきましょう。あらかじめ相場を知っておくことで、その費用が高過ぎるか安過ぎるか判断しやすくなります

戸建なら80~150万円が相場

一般的な戸建なら、外壁塗装にかかる費用は80~150万円が相場だとされています。工事費用の種別は塗料代・足場代・人件費の3つにわかれており、基本的な内訳としては塗料と足場代が各20%ずつ、人件費とその他雑費が各30%ずつといわれています。具体的な費用や内訳は業者によって異なるので、複数の業者に見積を出してもらってから依頼するのがおすすめです。

価格は坪数による変動もあり

当然ですが、家の坪数が大きいほど塗装面積も広がっていきます。そのため坪数なども考慮して、大体の金額を事前に自分で見積もっておくのもよいでしょう。

まず、塗装面積を計算する必要があるのですが、計算式は以下の通りとなります。最初に「坪数×3.3m²」にて延べ床面積を算出し、次に「延床面積×係数(1.1~1.4)」にて塗装面積を算出するのです。そして、塗装面積が計算できたら費用相場を調べることで、おおよその相場が見えてきます。

材料費・人件費・足場工事代など

工事費用は材料費(塗料代)・人件費・足場工事代の3種別から成り立ち、それぞれに相場があります。まず、材料費は外壁塗装で用いられる塗料をはじめ飛散防止ネットや養生シート、コーキング材なども含みます。

また、人件費は工事日数と人数で変動しますが、大体20~30万円。そして足場工事は平均して約20万円です。その他、事務手数料や交通費、保証代なども発生するため、「大体どういう費用が必要なのか?」というのをひと通り頭に入れておきましょう。

外壁塗装の工事費用を安価に抑えるテクニック

費用の相場がわかってきたところで、今度は「外壁塗装の工事費用を安価に抑えるテクニック」について、掘り下げていきましょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

同じ条件でも、業者によって価格設定は異なります。そのため「1円でも安くしたい!」といった場合、相見積もりを取るのは基本中の基本です。大体3~4社ぐらいに抑えて、見積もりを取ってもらいましょう。この時、提案される塗料のグレードが違うと値段にバラつきが発生してしまうため、グレードを合わせた状態で見積もりを依頼することが大切です。

閑散期を狙って依頼

塗装工事で人気のある季節は、春と秋です。夏または冬なら塗装業者にとって閑散期となりますので、お得なキャンペーンなどを打って従来よりも安くしてくれる可能性が高いです。もちろん工事自体のグレードは変わらないため、高品質な塗装工事を低価格で受けられるチャンスです。

火災保険を利用する

大雪や台風、強風などで破損した箇所を塗装する際は、火災保険が使えます。たとえば、強風で屋根の一部が吹き飛んでしまった場合は、修理のために足場を組む必要があるので足場工事代を節約できるでしょう。

「20万円以上の工事」「風災補償への加入」「3年以内の被害」という3つの条件を満たせば火災保険が適用されるケースもあるので、塗装工事の契約前に審査が下りるかどうか確認しておくことが重要です。

安すぎる塗装業者には要注意!

いくら工事費用が安くても、依頼を見合わせた方がよい業者が存在します。以下に当てはまる塗装業者には注意してください。

足場代・高圧洗浄代が「無料」

足場は高所で安全に作業するために設置しますし、高圧洗浄は本格的な塗装作業に入る前に表面に付着した汚れやコケを取るために行います。いずれも塗装工事に必須といえる作業のため、「無料でできる」と謳っている業者は他の部分で安い材料を使ったり、工程を省いたりする可能性があります。もし、足場代や高圧洗浄代が無料だったら、怪しいと思った方がよいでしょう。

塗り回数が従来よりも少ない

塗料によって2回塗りだったり4回塗りだったりしますが、基本的には塗装工事における塗料は「3回塗り」を行います。具体的な内訳は、下塗り・中塗り・上塗りです。そして、定められた回数通りに塗らないと耐久性が落ちてしまうため、塗り回数を従来よりも少なくしている業者には決して依頼してはいけません。必ず塗り回数を守る業者を選びましょう。

 

外壁塗装の工事費用を安価に抑えるテクニックについて、ご紹介してきました。その他、足場工事代を節約するために雨どいを含む付帯工事や屋根の雪止め設置などを外壁塗装と同じタイミングで依頼したり、塗料のグレードを下げたりといった、工事費用を抑えるテクニックは他にもいくつかあります。しかし、長く生活していく大切な住まいを守るための塗装工事なので、間違って悪徳業者を選ばないよう注意が必要です。

【足立区】おすすめの外壁塗装業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名楽塗ガイソー 足立店ファミリー工房タムラ塗装あらた
特徴①「適正価格」「高品質」を「完全自社施工」によって実現しているさまざまな試行錯誤を繰り返し作り上げた外装リフォーム専門店ブランド一級建築士が6名在籍し、最適な住まいを提案「お客様の立場に立っての施工」を第一にしっかりと打ち合わせを行う地域密着型で技術力だけではなく対応力も意識している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【足立区】おすすめ外壁塗装業者ランキング!
記事一覧