外壁塗装業者に外壁の修復もお願いできる?

公開日:2023/01/15

雨風にさらされる外壁は、家の中でも劣化が起こりやすい場所です。ひびや塗装の剥がれが起きたときには、業者への依頼を考えるでしょう。しかし外壁の修理をどこに頼めばよいか分からない人もいます。この記事では外壁塗装業者に外壁修復がお願いできるか、費用や工事の内容を紹介するので依頼時の参考にしてみてくださいね。

補修せずに塗装を行うと塗装が剥がれやすくなる

外壁の劣化にはさまざまなものがあります。色あせや壁の汚れなど軽度のものであればDIYで修復することも可能ですが、塗装が剥がれ落ちたりひびが入ったりしたときには修理業者に依頼するようにしてください。放っておくとダメージが広がり、家が劣化する原因になります。また、劣化した場所から入ってくる水が原因で、白アリが発生することもあるでしょう。湿った木材を好む白アリは、雨水で濡れた柱や壁に群がります。劣化がひどくなると、壁が崩れる可能性もあるので気をつけてください。

そして、修復を外壁塗装や屋根塗装をする業者に依頼することは可能ですが、あまりおすすめではありません。塗装によって耐久性や防水性をアップすることはできますが、劣化具合によっては専門の知識が必要になるからです。専門知識を持つリフォーム業者であれば、どのように修理すればよいか詳しく判断ができるでしょう。

また外壁塗装する際に補修がされていないと、塗装が剥がれやすくなってしまいます。下地処理をしっかりとすることで、外壁は保護されるのです。家を長持ちさせるためにも、下地部分から修復してくれるフォーム業者を選ぶようにしてください。

どんな工事をするのか

それでは実際に、基本的な外壁修復はどのような工事をするのかを解説します。

高圧洗浄

外壁には車の排気ガスの汚れや、コケやカビなどがついています。軽いものなら自分でもきれいにできますが、長年の汚れはなかなかきれいに落とすことはできません。しかし業者の高圧洗浄機を使えば、隅々まで汚れを除去できます。外壁塗装の際も、壁がきれいでなければ塗料の密着性が悪くなってしまいます。

シーリング工事

シーリングとは、壁材の隙間を埋めるための目次材です。シーリングが劣化し、ひびや亀裂が入っていると隙間から水が入ってしまいます。入り込んだ水が木を腐らせ、家全体を劣化させてしまうのです。工事方法としては古いシーリングを取り外し、修理が必要な部分以外にマスキングをします。

その後、素地と塗料の密着を高めるための下塗材を塗り、新しいシーリング材を充填した後にマスキングテープを剥がして完了です。また、新しいシーリング材はヘラなどで充分に押し込みます。シーリング部分を均一にするとともに内部の空洞を防ぐためです。そしてシーリングには劣化部分だけを修理する“打ち増し”と、シーリング全体を交換する“打ち換え”があります。打ち増しのほうが費用はかかりませんが、またすぐに劣化することもあるでしょう。

ひび割れ補修工事

ひび割れは、劣化した外壁塗装に圧力がかかることで起こります。程度によってひび割れの補修方法は異なると覚えておきましょう。小さなひび割れは、防水効果がある補強材を埋め込めば解決が可能です。補強材が乾いた後に、研磨して外壁塗装すると跡が目立たなくなります。補強材で解決できない、大きなひび割れにはシーリング材を使うことが多いです。ひびがある場所をカッターで広げてからシーリング材を充填します。

さび補修工事

金属製の外壁や屋根の場合、年数が経過するとさびが浮き出てきます。さびを放置しておくと壁が腐食し、穴が開くこともあるのでしっかり修理するようにしましょう。さびの補修工事はまずサンドペーパーや工具を使い、研磨してさびを落とします。その後、さび止め材を塗って完了です。

穴補修工事

外壁に穴や欠けた部分ができた場合、穴をパテで埋めた後に塗料を塗り目立たなくします。穴が大きければ、壁材を一部分取り換えることもあるでしょう。また、下地まで穴が到達していた場合にも壁材の交換が必要になります。

チョーキング補修工事

チョーキングとは、雨風や紫外線によって剥がれた外壁に白い粉が浮き出ることです。外壁を触って白い粉がついたときには、チョーキング補修工事を依頼しましょう。外壁の防水性が落ちている証拠です。チョーキング補修工事では、高圧洗浄を行った後に外壁塗装をします。

はがれや浮き補修工事

外壁が剥がれていたり、浮いていたりすると隙間から水が入ってしまいます。なるべく早く修理するようにしましょう。軽いものであれば塗膜の塗り直しで大丈夫ですが、ダメージが酷い場合には外壁の交換が必要です

修理を行う場合の費用相場をチェックしよう!

次に、修理を行う時の費用相場を詳しく解説します。まず、高圧洗浄の費用相場は約200円~500円/平方メートルです。範囲が広いほど高くなりますが、大体2万円~5万円だと覚えておきましょう。

次に、シーリング工事の費用相場は増し打ちの場合約500円~900円/平方メートル、打ち換えの場合約900円~1,200円です。ひび割れ補修の費用相場は、約1,700円~9,000円/平方メートルです。塗料や外壁の種類によって変わるため、依頼時には見積もりを取るようにしましょう。

また、さび補修工事の費用相場はさび止め材も含め約500円~1,000円/平方メートルです。さびの状態によって価格が変わります。穴補修工事は大きさや使う材料によって価格が変わりますが、約1万円~6万円/1か所です。広い穴や剥がれや浮きなどで壁材を交換する場合は、数十万円~数百万円になることもあるので気をつけましょう。

チョーキング補修工事の費用相場は、高圧洗浄の費用に加えて塗装費用が約1,700円~5,000円/平方メートルです。また外壁補修の際に足場を組むこともあります。足場を組んだ場合、余分な人件費と材料代がかかるためさらに高額になってしまうでしょう。外壁補修の足場は費用全体の30%にもなるので、足場が必要かどうかも依頼時に相談するのがおすすめです。中には足場を組まずに補修する無足場工法を取り入れている業者もあります。また火災保険に入っている場合、外壁修理に火災保険が使えることもあるので加入している人は適用条件を調べてみてくださいね。

信頼できる業者を選ぼう!

最後に、外壁修理を依頼する業者選びのポイントを説明します。悪徳な業者に騙されないためにも、信頼できる業者を選んでください。

豊富な施行実績と経験

専門的な技術が必要な外壁修理は、素人ではなかなか難しいです。依頼するときには実績数が多く、経験豊富な業者を選ぶようにしましょう。また自宅に似ている外壁修理をしている業者であれば、イメージを伝えやすくなります。依頼する前に公式ホームページやSNSなどでチェックするようにしましょう。

希望の修理メニューがある

希望の修理メニューがあることも重要です。外壁修理は決して安いものではありません。不要な費用をかけないためにも、自宅の外壁に適した工事をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

事前見積もりがある

修理する前には必ず見積もりを取るようにしてください。相場価格より高すぎる業者はもちろんですが、安すぎる業者も信用はできません。材料を薄めていたり、後から高額な請求をされたりする可能性もあります。見積もりの金額が相場とかけ離れていないか確認をしましょう。複数の業者を比較するのがおすすめです。

工事保証、アフターフォローがある

外壁修理では、工事後に問題が起きることもあります。万が一問題が起きたときでも、工事保証やアフターフォローしてくれる業者であれば、しっかり対応してくれるでしょう。業者によっては、一定期間無料のアフターフォローをしてくれることもあります。保証書を発行してもらい、きちんとした証拠を残しておきましょう。

まとめ

外壁の修復を外壁塗装業者や屋根塗装業者に頼むことは可能ですが、できれば専門的な知識を持つリフォーム業者を選ぶのがおすすめです。きちんと補修をすることで家の劣化を防ぐこともできます。また、修理を依頼する際には信用できる業者を選ぶようにしましょう。希望の修理メニューがあり、事前見積もりをしてくれる経験豊富な業者に依頼するのがポイントです。工事保証やアフターフォローの有無も重要視してくださいね。

【足立区】おすすめの外壁塗装業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名楽塗ガイソー 足立店ファミリー工房タムラ塗装あらた
特徴①「適正価格」「高品質」を「完全自社施工」によって実現しているさまざまな試行錯誤を繰り返し作り上げた外装リフォーム専門店ブランド一級建築士が6名在籍し、最適な住まいを提案「お客様の立場に立っての施工」を第一にしっかりと打ち合わせを行う地域密着型で技術力だけではなく対応力も意識している
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
【足立区】おすすめ外壁塗装業者ランキング!
記事一覧